第7期介護保険事業策定のための日常生活圏域ニーズ調査データの分析支援プロジェクト
(通称:300BMプロジェクト)


■介護予防・日常生活圏域ニーズ調査データの分析支援

国は、介護予防・日常生活圏域ニーズ調査(以下ニーズ調査)により得られたデータを「見える化」システムに掲載し、地域診断の基礎資料として、また各事業のPlan-Do-Check-Act (PDCA)サイクルの管理方法としてニーズ調査の活用を推奨しています。しかしながら多くの市町村では、新しい試みのため経験が蓄積しておらず支援が必要な状況です。そこでJAGESでは、独自に開発した地域診断支援システムを用いて、市町村から頂いたデータを基に地域診断、市町村間比較を行います。その結果を市町村にフィードバックし、次期一般介護予防事業評価事業の策定まで支援いたします。
※詳細については本ページ下方、資料をご参照ください。


このサイトは、介護予防・日常生活圏域ニーズ調査(以下、ニーズ調査)データの分析支援のためのホームページです。
このサイトでは、本事業のねらい、地域診断について、申し込み方法、データ提出の方法などについての情報提供をしています。

この分析支援は、国立長寿医療研究センター老年学評価研究部・日本老年学的評価研究(JAGES)プロジェクトによる厚生労働科学研究費補助金「介護予防を推進する地域づくりを戦略的に進めるための研究」(H28-長寿-一般-002)の一環として実施されます。
国が示すニーズ調査票を変更せず、JAGESプロジェクトが指定するフォーマットデータをご提出頂ければ、ニーズ調査地域診断指標(「結果の返却(https://www.jages.net/300bm/henkyaku/)」参照)による地域診断の結果をフィードバックします。

 

【300BMプロジェクトにおける入力の標準仕様やフォームの改訂をしました】

平成28年 11月 11日に、「介護予防・日常生活圏域ニーズ調査データ入力支援エクセル」が厚生労働省ホームページに掲載されました。

これを受けて、300BMプロジェクトにおける入力の標準仕様やフォームの改訂をしました

【お申し込み】

【研究協定書 】研究協定書の締結をお願いします


【介護予防・日常生活圏域ニーズ調査 入力シート】
【日常生活圏域ニーズ調査に関する説明会資料等】
【地域診断指標開発プロセス資料】
【研究協定書に関する問い合わせ先】

 国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター
 老年学評価研究部
 電話番号:0562ー44ー5651 (内線:5668,5778)
 メールアドレス
ncggadmin.ml@jages.net
 (電話でのご対応可能な時間帯:月・水・金 10:00ー17:00)

 

【研究協定書送付先】

 〒474-8511 愛知県大府市森岡町7丁目430番地

 国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター

 老年学・社会科学研究センター

 老年学評価研究部 近藤克則 宛





300BMにご参加(無料)いただいた場合、下記のような地域診断書をお返しいたします。