日本老年学的評価研究
Japan Gerontological Evaluation Study
 
 

JAGES 代表挨拶

JAGES(Japan Gerontological Evaluation Study,日本老年学的評価研究)に、ご理解ご協力をいただきありがとうございます。


 健康長寿社会をめざした予防政策の科学的な基盤づくりを目的としたJAGESは、2010・13・16・19年度に全国の30~64市町村と共同し、前身となるAGES(Aichi Gerontological Evaluation Study,愛知老年学的評価研究)から合わせると延べ約75万人の高齢者からご回答いただいた調査重ねてました。研究助成をいただいた文部科学省、厚生労働省、米国国立衛生研究所(National Institute of Health、日本学術振興会、日本医療研究開発機構(AMED)をはじめ、社会からの期待に応えるべく、全国の大学・国立研究センターなどの60超の研究機関の研究者とともに、多面的な研究を進め、研究成果の社会への還元に努めています。

 1999年AGESを立ち上げてから20年以上に渡る研究成果を、社会実装することを目指して、中央省庁や市町村をはじめ産官学連携研究・研修・コンサルティングなどを受託できるよう一般社団法人  日本老年学的評価研究(JAGES)機構を2018年に立ち上げました。一連の取り組みを評価していただき、2020年度には「健康格差縮小を目指した社会疫学研究」で、「日本医師会医学賞」を受賞しました。これを励みに、JAGESの持続的発展を図り、健康長寿・地域共生社会の実現貢献したいと思います。

 今後とも、JAGESへのご理解・ご協力を、よろしくお願い申し上げます。


__________________________

近藤 克則(Katsunori KONDO)
一般社団法人 日本老年学的評価研究機構  代表理事
千葉大学予防医学センター社会予防医学研究部門 教授
千葉大学大学院医学研究院中核研究部門環境健康科学講座公衆衛生学 教授
国立長寿医療研究センター老年学・社会科学センター老年学評価研究部長(併任)
日本福祉大学客員教授(併任)
 
PAGE TOP