JAGES (Japan Gerontological Evaluation Study) とは

  • JAGESとは
    JAGES(Japan Gerontological Evaluation Study,日本老年学的評価研究)プロジェクトは、健康長寿社会をめざした予防政策の科学的な基盤づくりを目的とした研究プロジェクトです。全国の約40の市町村と共同し、30万人の高齢者を対象にした調査を行い、全国の大学・国立研究所などの30人を超える研究者が、多面的な分析を進めています。文部科学省、厚生労働省、米国National Institute of Health(国立衛生研究所)を始めとする多数の研究助成を受けて進められています。

  • AGESからJAGESへ
    AGES(Aichi Gerontological Evaluation Study, 愛知老年学的評価研究)プロジェクトは、1999年に愛知県の2自治体から始まりました。高齢者ケア政策の基礎となる科学的知見を得る目的で,
    ・高齢者を対象とし,身体・心理・社会など多面的な視点から実証的な老年学的研究を進めること
    ・健康の社会的決定要因(social determinants of health, SDH)を解明する社会疫学研究の推進
    ・介護予防政策の総合的なベンチマーク・システムの開発と地域介入の評価研究などを通じて,「well-being(幸福・健康)の水準が高く,その格差の小さな健康長寿社会の実現に寄与すること」を目的としました。
    2003年には3県15市町村において、要介護認定を受けていない高齢者32,891人、2006年には追跡調査に協力が得られた3県の10自治体で調査を実施してきました。2010年から全国31市町村の約10万人に調査対象を拡張したのを契機に、JAGES(Japan Gerontological Evaluation Study, 日本老年学的評価研究)プロジェクトへと発展しました。2013年度には全国30市町村約14万人の大規模データを収集しています。
    公衆衛生学、疫学、保健社会学、歯科衛生学、栄養学、家族社会学、心理学、社会福祉学、作業療法学、経済学、地域計画学、地理学など、社会疫学に関心を持つ多くの分野の研究者が調査票の設計や分析にあたってきました。
    AGESプロジェクトと「健康の不平等」研究会 日本疫学会ニュースレター2007年3月15日No.29(7)

  • JAGESプロジェクトの研究目的
    世界一の健康長寿を誇る日本の高齢者の実態を多面的に描き出すことにあります。この研究を進めることで、以下の効果が期待されています。
  1.  「健康の社会的決定要因」の重要性を示す
    健康のリスク因子として、食事・運動・たばこ・飲酒などの生活習慣だけでなく、心理・社会的因子も重要です。所得や教育歴などの「健康の社会的決定要因」を解明する社会疫学研究の重要性を示すことも目的としています。

  2.  「健康格差」の実態を明らかにする
    社会経済的要因や地域間における健康状態の格差(健康格差)が、日本の高齢者においてどの程度見られるのかを明らかにしてきました。健康日本21(第2次)で目標に掲げられた「健康格差の縮小」をめざして、健康格差の「見える化」や縮小のための方策の研究にも取り組んでいます。

  3. 介護予防戦略見直しの方向性を見出す
    介護保険制度の見直しに伴い、介護予防が重視されるようになりました。これに伴い、介護予防で注目されるうつ、口腔ケア、低栄養、転倒歴や生活習慣、閉じこもり、それらの背景にある不眠、趣味、虐待、世帯構成、地域組織への参加や社会的サポート、就労、さらにソーシャル・キャピタルなどにも注目しています。 特に、これらの因子と社会経済的地位(SES)との関連、また地域差に着目した分析を進めています。
    要介護状態や死亡のハイリスク(危険性が高い)者をスクリーニング(ふるい分け)する戦略ではなく、環境要因に着目し、ハイリスクでない人達も含めた地域住民全体を対象とした予防戦略の必要性を明らかにしています。
    さらには、市町村と協力して地域介入研究にも取り組んでいます。
 

JAGES (Japan Gerontological Evaluation Study) プロジェクト概要

   
 <JAGESの概要紹介2016>


  • 対象
    要介護認定を受けていない65歳以上の方

  • 方法
    調査票を送付し,回答を得た

  • 調査の時期/ウェーブ
    JAGESプロジェクトでは,同じ時期に同じ基本調査票を用いていくつかの対象地で行われたひとまとまりの調査群を「ウェーブ」と呼んでいます。今までに以下の3回のウェーブがありました

    2003調査データ: 2003-4年に3県15市町村(12保険者)で行われたもの
    2006調査データ: 2006-7年に3県9市町村(9保険者)で行われたもの
    2010調査データ: 2010-11年に12都県31市町村(25保険者)で行われたもの
    2013調査データ: 2013年に14道県30市町村(25保険者)で行われたもの

    ※1999-2000年に1県2市町(2保険者)で行われたものは予備調査にあたるウェーブ0(2000年調査データ)と呼んでいます

  • データの種類
    これら各調査で対象者から得られた情報(データ)を集めたものをデータセットといいます。データセットには大まかに以下の3種類があります

    ・横断データセット: ひとつのウェーブからなるもの
    ・コホートデータセット: 横断データにその後の転帰(死亡および要介護定)とその転帰に至るまでの
                   ベースラインからの日数データを加えたもの
    ・パネルデータセット: ふたつのウェーブのデータセットを結合させたもの

  • 調査項目(2016年調査)
    対象者には16ページからなるA~Hの5種類の調査票冊子のうち,無作為に割り振られた1種類が配布された。介護予防の関連要因や重要な調整要因を含み全対象者が回答する10ページ分の「コア項目」と、探索的な項目であり5種類が均等割付された2ページ分の「バージョン別項目」が研究分析用項目として用いられた。





  • 調査フィールド(2013年調査)
    2013年10月1日~12月2日にかけ,要介護認定を受けていない65歳以上の方を対象に,北は北海道から南は九州まで25保険者30自治体で,195,300名に調査票を送付し,138,300名から回答を得た
    (回収率70.8%)

  • これまでの歩み
    1999年 愛知老年学的評価研究プロジェクトの開始
    2003年 一般高齢者対象の大規模調査実施(3県15自治体)
    2004年 一般高齢者調査の継続(2県3自治体)2005年近藤克則著『健康格差社会』医学書院 出版
    2007年 近藤克則編『検証「健康格差社会」』医学書院 出版
    2010年 日本老年学的評価研究プロジェクトへ拡大(2010/11年大規模調査実施)
    2010年 近藤克則著『「健康格差社会」を生き抜く』朝日新聞出版 出版
    2010年 Health Inequalities in Japan: An Empirical Study of Older People 
          (Modernity and Identity in Asia Series) Trans Pacific Press 出版
    2013年 大規模調査実施
    2014年 健康社会研究センター(Center for Well-being and Society, CWS)5周年と
    AGES(Aichi Gerontological Evaluation Study, 愛知老年学的評価研究)15周年の記念写真
    写真1

    2015年 JAGES2015年8月の夏合宿の写真
    写真2