日本老年学的評価研究
Japan Gerontological Evaluation Study
 
 

4月の研究会

【日時】2021年4月16日(金) 13時00分~17時00分
【場所】「Zoom」(オンラインミーティングアプリ)でのwebミーティング開催
【内容】(以下,敬称略)
  • イントロダクション(近藤克則)
  • Internet Use and Socioeconomic Status among the older people : A cross-sectional study from Japan Gerontological Evaluation Study.(井手一茂)
  • 運転停止後の活動性低下・健康喪失の予防に寄与する環境要因の検討(平井寛)
  • COPDと社会経済的因子に関する検討(野木村茜)
  • 地域環境および社会関係資本の組み合わせに着目した高齢者の健康状態に関する確率推論~JAGES2010-13コホートデータを用いたまちづくりによる0次予防の効果推定~(大塚芳嵩)
  • 総合討論
  • Intrinsic capacity尺度の開発(西尾麻里沙)
  • 地域在住高齢者の軽度認知障害による歯科受診の低下の分析(倉本絹美)
  • かかりつけ医の存在は最期の場所の話し合いに関する社会階層間格差を緩和するか(長谷田真帆)
  • 歯周炎有病状況の地域差と地域差に関連する要因(山本龍生)
  • 総合討論
  • 今後の予定(近藤克則)
 

3月の研究会

【日時】2021年3月10日(水) 10時30分~18時00分
【場所】「Zoom」(オンラインミーティングアプリ)でのwebミーティング開催
【内容】(以下,敬称略)
  • イントロダクション(近藤克則)
第一部 <AMED研究班会議>AMED長寿科学研究開発事業 〔課題番号JP20dk0110034〕
「地域づくりによる介護予防の推進のための研究」(2019-4-1~2021-3-31)
  • オリエンテーション(看護協会出版物を含む) (近藤克則)
1.地域づくりによる介護予防推進のための研究
  • 介護予防の効果評価方法の開発に関する研究(鄭丞媛)
  • エビデンス集、通いの場支援システム開発について(横山芽衣子)
2.外出自粛による高齢者の行動・健康影響調査およびオンラインサロンモデル事業の効果評価
  • コロナ実態調査の進捗状況・調査の実施状況(安福祐一)
  • コロナ実態調査の進捗状況・新型コロナ実態調査の進捗報告(佐藤豪竜)
  • オンラインサロン報告(塩谷竜之介)
  • 総合討論

第二部 <厚労科研費研究班会議>令和2年度 厚生労働科学研究費補助金 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業 〔課題番号19FA1012〕
「生活習慣及び社会生活等が健康寿命に及ぼす影響の解析とその改善効果についての研究」
第2回班会議 議事次第(案)
1. 開催の挨拶(近藤尚己)
2. 厚生労働省ご担当者様からのご挨拶(厚生労働省代表者)
3. 研究計画及び進捗についての報告(近藤尚己)
4. 研究分担者からの報告と質疑応答(各20分)
  • 縦断データ収集及び施策提案(近藤克則)
  • 高齢者の健康寿命予測因子の研究(細川陸也)
  • 健康寿命・地域環境の小地域別の評価(尾島俊之)
  • NDB データを用いた地域格差の要因分析(相田潤 (代)・星真奈実)
休憩
5.次期健康推進プランにおける「健康格差の是正」目標のたてかたについて(近藤尚己)
6. 全体討論
7. 総評(厚生労働省ご担当者様)
8.本年度報告書作成スケジュールの案内(近藤尚己)
9. .関連研究の報告
  • 地域在住高齢者の6年後の転倒予測は可能か? 機械学習を用いた大規模縦断研究(池田登顕)
  • 地域レベルのソーシャルキャピタルと喫煙率の変化-JAGES5年間の繰り返し横断研究(竹内寛貴)

第三部<JAGES研究会>
  • 研究計画「疼痛を有する高齢者のソーシャルキャピタルと要支援・要介護認定・死亡リスク-JAGES2013-2019縦断研究-」(坂本和則)
  • 研究計画 個人・地域レベルのソーシャル・キャピタルと避難訓練参加の関連:JAGES2019横断研究(高杉友)
  • 総合討論・今後の予定(近藤克則)
 

2月の研究会

【日時】2021年2月10日(水) 10時30分~17時00分
【場所】「Zoom」(オンラインミーティングアプリ)でのwebミーティング開催
【内容】(以下,敬称略)
  • イントロダクション(近藤克則)
  • 横浜市の「通いの場」参加者増加についてヒヤリング調査でわかったこと(大元慶子)
  • 北海道在住高齢者の近隣環境の認識と冬季における歩数(田中綾)
  • 社会参加と歩行時間に関する3年間の縦断研究 (井原紫逸)
  • 総合討論
<AMED研究班会議>
課題管理番号:20lk0310073h0001
「社会モデルの統合医療に関する実態調査とデータベース構築に向けた産官学共同研究開発」
  • 統合医療の概要紹介・進捗報告(近藤克則)
  • 事例紹介 : よこはまウォーキングポイント事業の効果評価(2018年度)(藤原聡子)
  • 事例紹介 : よこはまウォーキングポイント事業の効果評価(2020年度)(安福祐一)
  • 質疑応答
  • JAGES2022年調査に向けて(横山芽衣子)
  • (公共交通)敬老パスの利用は、高齢者のうつを減らすか?:JAGESによる3年間の縦断研究(松岡角英)
  • 地域在住高齢者における歯痛の疫学分析(山本貴文)
  • 「生活保護受給者への給付額減少が医療費に与える影響:不連続回帰分析による準実験研究」(西岡大輔)
  • 総合討論
  • 今後の予定(尾島俊之)
 

1月の研究会

【日時】2021年1月13日(水)10時30分~17時00分
【場所】「Zoom」(オンラインミーティングアプリ)でのwebミーティング開催
【内容】(以下,敬称略)
  • イントロダクション(近藤克則)
  • フレイル高齢者の社会参加と要介護認定、死亡との関連:JAGES2013-2016縦断研究(阿部紀之)
  • 地域在住の高齢者の趣味・友人関係とインフルエンザの関係性(齋藤孔良)
  • 横浜市における介護予防事業の効果評価(方恩知)
  • 総合討論
  • 芸術・文化的活動と抑うつ発生の関連:縦断研究(野口泰司)
  • 北陸信越運輸局管内自治体における公共交通のクロスセクター効果に係る調査計画(牧野透太)
  • 地域在住高齢者におけるCOPDとフレイルとの関連(小嶋雅代)
  • 研究計画「高齢者の運転停止のプロセスと活動性と環境要因の関連の検討」(平井寛)
  • 総合討論
  • 高齢者の非対面交流と精神的健康との関連;JAGES2019横断研究(福定正城)
  • 通いの場の予防効果の検証(近藤克則)
  • JAGES通いの場ワーキンググループ活動報告(井手一茂)
  • 総合討論
  • 今後の予定(近藤克則)
 
PAGE TOP