高齢者サロン活動などが立ち上がっても、それを長続きさせるには様々な工夫が必要です。
自分たちが行ってきた活動が介護予防などに効果があることを確認できれば、
活動を続けるモチベーションにつながります。
また、活動を支援する立場の行政機関においても、支援を続けることの意義を説明する責任があります。
活動の成果を評価するために予め準備しておいた方が良い視点や収集すべき情報、
また、評価という観点から先進事例を紹介します。
 
1. サロン実参加者数・65歳以上人口に占める参加率・ボランティア数の推移・・・
2. 所得区分別のサロン参加者割合・・・
3. 近い人ほど参加している・・・
4. 地域の会への新規参加割合・・・
5. 参加者による変化の自己評価・・・
6. サロン参加群で要介護認定率が低い・・・
7. サロン運営費用と内訳・・・
 

 
本ページは、平成30年度老人保健事業推進費等補助金(老人保健健康増進等事業分)「見える化システム等のデータを活用した介護予防活動の展開に関する調査研究」の補助金を受けて作成しました。
 
PAGE TOP