人との交流や趣味活動、レクリエーションができる「通いの場」を持つことは
人が健康に暮らすための重要な要素です。

「通いの場」が健康に役立つ理由を理解してそれぞれの地域に合った
「通いの場」を作りましょう!

 
1. 人との交流は週1回未満から健康リスクに・・・
2. スポールはグループで行った方が良さそう・・・
3. サロン参加群で要介護認定率が低い・・・
4. 笑わない人は脳卒中リスク1.6倍増・・・
5. 前向き感情で認知症リスクが半減・・・
 

 
1. M市A地区の介護予防事業「お寄りまっせ」・・・ 
2. 「地域マネジメント支援システム」を活用したB市・・・
3. 「重点対象地域選定シート」を活用したC市・・・
4. 調査データを活用した多職種連携による閉じこもりの地域格差対策・・・
 
本ページは、平成30年度老人保健事業推進費等補助金(老人保健健康増進等事業分)「見える化システム等のデータを活用した介護予防活動の展開に関する調査研究」の補助金を受けて作成しました。
 
PAGE TOP