JAGES 研究から作成された「地域連携に役立つツール」のご紹介

 JAGESでは.全国のご協力をいただいている自治体の方々とともに,研究結果を活かしながら,介護予防施策の策定やそのための行政内の連携のお手伝いをしていています.
その中から,他市町村の皆さんにご活用いただけるツールもできて参りましたので,ご活用いただければ幸いです.
 

地域の集い場立ち上げ支援ガイドブック~”集い場”立ち上げ支援のための虎の巻~

介護予防サロンなどの地域の集い場の立ち上げを支援していくノウハウとヒントが詰まったガイドブックです。

      

このガイドブックはJAGESが長年関わっている神戸市の北区保健福祉部が作成したものです。
 

介護予防のための地域診断データの活用と組織連携ガイド

厚生労働省・日本医療研究開発機構(AMED)委託事業として3年間実施した「データに基づき地域づくりによる介護予防対策を推進するための研究」のなかで、全国の市町村とともに蓄積したノウハウや成功事例をガイドブックにまとめました。

介護予防や地域包括ケアにかかわる方々に向けたガイド本です!具体例や現場で役立つと思う考え方を豊富に掲載しました。ぜひご自由に印刷・配布をしてください!

 <通常の印刷用・ポケット版(A5
 介護予防活動のための地域診断データの活用(ポケット版A5)(通常の印刷用).pdf

 <製本用>
 地域診断データの活用と組織連携ガイド(製本用トンボあり)表紙.pdf
 地域診断データの活用と組織連携ガイド(製本用トンボあり)前半.pdf
 地域診断データの活用と組織連携ガイド(製本用トンボあり) 後半.pdf
 表紙-介護予防活動のための地域診断データの活用(ポケット版A5) (製本用トンボあり).pdf
 介護予防活動のための地域診断データの活用(ポケット版A5) (製本用トンボあり).pdf

 日本医療研究開発機構・長寿科学研究開発事業
「データに基づき地域づくりによる介護予防対策を推進するための研究」研究班
 

健康・介護施策における部署間連携のためのアクションチェックリスト 第一版


アクションチェックリスト
昨年度の研究事業で作成した「健康・介護施策における部署間連携のためのアクションチェックリスト 第一版」を掲載します。
様々な部署や団体と連携を進めるときに、その必要性や優先順位付けを判断するために役立つチェックリストです。
 
作成は産業医科大学宇野藤野義久准教授です。
 
このリストは日本医療研究開発機構(AMED)
「データに基づき地域づくりによる介護予防対策を推進するための研究」(研究代表者 近藤尚己)の成果物です。
アクションチェックリスト 第一版.pdf
  

 

介護予防事業優先実施選定ツール(報告書)

「地域で介護予防施策を進める際に、対象とする課題や地域の優先付けをするのに役立つツールを神戸市等と共同で開発しました。その報告書を添付します。
関連する内容は以下に原著論文として掲載されています。
芦田登代, 近藤尚己, 近藤克則: 介護予防施策の優先順位づけのためのデータ可視化ツールの開発. 厚生の指標 2016, 63:7-13.」
 

健康格差指標の自動計算ソフトHD*Calcの日本語解説書


HDCALC
米国国立がん研究所が無料で公開している健康格差のモニタリングのためのソフトウェア:Health Disparity calculator (HD*Calc)を使うための日本語の説明書を添付します。
 
作成したのは東京大学の長谷田真帆氏です。
HDCalc使い方.pdf

 

小さな工夫でコミュニケーションの質を高めよう ~リベレイティングストラクチャーのご紹介~


リベレイティングこのブックレットは、コミュニケーションの過程の中に存在する小さなレベルの 「構造」に配慮し、コミュニケーションの質とその成果やアウトカムをより良くするための工夫を紹介することを目的にしています。
ブックレットの利用者として、特に保健行政に携わる人たちを対象として意識し ていますが、事業推進のために庁内の他課や外部の人たちとの「連携」が必須であ るという方には、広く活用していただける内容だと思います。 
 
このブックレットは
「データに基づき地域づくりによる介護予防対策を推進するための研究」
(厚生労働省長寿科学研究開発事業 研究代表者 近藤尚己)
の一環で制作したものです。
リベレイティングストラクチャー.pdf