介護予防政策サポートサイト

  • 介護予防政策 サポートサイトは,地域ごとの要介護リスクや高齢者のニーズ,介護予防に資するリソースを「見える化」することで,介護保険担当者の方が自治体の現状や課題を把握し,有効な介入施策を立案・実施・モニタリング・評価することを支援するためのサイトです
    地図やグラフによる見える化,地域診断が可能です


地図やグラフによる「見える化」、地域診断が可能です
 

国際的視点によるJAGES HEARTの役割

  • 介護予防政策政策サポートサイトは国際的には,日本の「健康の公平性評価・対応ツール(JAGES-HEART)」として位置付けられており,WHO神戸センターと協働しています.

               下の図をクリックするとサイトに接続します
 

日本における介護予防政策支援の役割

  • 介護予防政策には「課題の設定」「介入施策の立案」「プログラムの実施」「効果評価」という一連の流れがあります。これらの各プロセスを直線的にではなく、循環的に進めていくことにより、中・長期的な視点での介護予防の推進や健康格差の是正に取り組むことが大切です。
 

新プロジェクト200自治体ベンチマーク 「日常圏域ニーズ調査分析支援」開始!

  • JAGESでは新プロジェクトとして,日常圏域ニーズ調査分析支援プロジェクトを開始しました.本プロジェクトも政策研究の一環であり,その分析結果は,介護予防政策サポートサイトに,地図やグラフなどで「見える化(ベンチマークともいう)」されます.現在ご協力いただいている自治体は100を超えました.
    http://square.umin.ac.jp/kaigo_bm/kaigo6/index-kaigo6.html
 

研究助成

 これまで,応用・政策研究推進の為,以下の研究助成が採択され実施されました.記して感謝申し上げます.
  • 平成22~24年度厚生労働科学研究費補助金「介護保険の総合的政策評価ベンチマーク・システムの開発」(H22-長寿-指定-008)
  • 平成23年度厚生労働省老健局老人保健健康増進等事業「WEB-GISを活用した客観的指標によるベンチマーク・システムの構築」
  • 平成25年度厚生労働省老健局老人保健健康増進等事業「日常生活圏域ニーズ調査データを活用した地域診断支援システムの開発に関する調査研究事業」
  • 平成25年~厚生労働科学研究費補助金「介護予防を推進する地域づくりを戦略的に進めるための研究」(H25-長寿-一般-003)
 
 

National Institutes of Health (NIH,米国国立衛生研究所)からの研究助成

  • Department of Health and Human Services, National Institutes of Health, National Institute on Aging Research Grant Number 1R01AG042463-01A1. 
    Principal Investigator: Ichiro Kawachi.
    Sub-contract Principal Investigator: Katsunori Kondo.
    Project Title: Impact of social cohesion on functional recovery after earthquake and tsunami.
    Project Period: 07/01/2013 – 06/30/2018.
    http://square.umin.ac.jp/ages/iwanuma.html