日本老年学的評価研究
Japan Gerontological Evaluation Study
 
 
~ 暮らしているだけで、健康で活動的になるコミュニティ~
 

Well Active Community(WACo)(JST-OPERA: JPMJOP1831)

「ゼロ次予防戦略によるWell Active Communityのデザイン・評価技術の創出と社会実装」(2018-2023)

 本プロジェクトでは、ゼロ次予防戦略に基づき、暮らしているだけで、健康で活動的になるコミュニティ「WACo: Well Active Community」の社会実装を産学共同のコンソーシアムでめざします。

 JST(国立研究開発法人科学技術振興機構)が2016年度から開始した「産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム」に、2018年度に採択され(https://www.jst.go.jp/opera/)、2020年度から本格フェーズに移行しました。

 ゼロ次予防とは、運動や健康食の摂取など本人が意識的努力をせずとも、暮らしているだけで健康で活動的になる住空間・コミュニティーを指すものであり、建造環境を含む社会的環境の重要性に着目したWHO(世界保健機関)によって提唱された新たな概念です。

「設計ツール」「健康プログラム」「評価ツール」からなる3つのキーテクノロジーを開発し、それらを相互に関連づけ、新たなビジネスを提案するとともに、まちづくり支援や教育・人材育成を主導するプラットフォームを構築します。

これらの活動を総合し、予防医学に基づく、健康で活動的なコミュニティを創出することを目的としています。

国立研究開発法人 科学技術振興機構(略称JST)OPERAページhttps://www.jst.go.jp/opera/


研究成果展開事業 産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム OPERA
 

基盤研究A「0次予防に向けた建造環境から健康に至るメカニズムの解明」(20H00557)

「0次予防に向けた建造環境から健康に至るメカニズムの解明」(2020-2023)
 予防医学センター の近藤克則教授(社会予防医学部門)と花里真道准教授(健康都市・空間デザイン学部門)らの研究計画が科学研究費補助金基盤研究Aに採択されました。
 本研究では「暮らしているだけで健康になる」環境重視の「ゼロ次予防」に向けて,まちの歩きやすさや人が集う場所の配置など人工の建造環境とwell-being(WB)との関連とメカニズムの理論的実証的な解明を目的としています。
 上段にある産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム(OPERA)「ゼロ次予防戦略によるWell Active Communityのデザイン・評価技術の創出と社会実装」の基礎研究として位置づけられます。  
 

研究発表業績

< 論文 >
  • Koga C, Hanazato M, Tsuji T, Suzuki N, Kondo K: Elder Abuse and Social Capital in Older Adults: The Japan Gerontological Evaluation Study.Gerontology. 2019 Sep 12:1-11. doi: 10.1159/000502544.【PDF.pdf
  • Okabe D, Tsuji T, Hanazato M, Miyaguni Y,Asada N, Kondo K: Neighborhood Walkability in Relation to Knee and Low Back Pain in Older People: A Multilevel Cross-Sectional Study from the JAGES.Int J Environ Res Public Health. 2019 Nov 20;16(23). pii: E4598. doi: 10.3390/ijerph16234598.【PDF.pdf
  • Momosaki R, Wakabayashi H, Maeda K, Shamoto H, Nishioka S, Kojima K,Tani Y, Suzuki N, Hanazato M, Kondo K: Association between Food StoreAvailability and the Incidence of Functional Disability amongCommunity-Dwelling Older Adults: Results from the JapaneseGerontological Evaluation Cohort Study. Nutrients 2019;11:2369.doi:10.3390/nu11102369.【PDF.pdf
  • Yamakita M, Kanamori S, Kondo N, Ashida T, Fujiwara T, Tsuji T, Kondo K: Association between childhood socioeconomic position and sports group participation among Japanese older adults: A cross-sectional study from the JAGES 2010 survey.Prev Med Rep. 2020 Feb 17;18:101065. doi: 10.1016/j.pmedr.2020.101065. eCollection 2020 Jun.【PDF.pdf
  • Ide K, Tsuji T, Kanamori S, Jeong S, Nagamine Y, Kondo K.:Social Participation and Functional Decline: A Comparative Study of Rural and Urban Older People, Using Japan Gerontological Evaluation Study Longitudinal Data. Int. J. Environ. Res. Public Health 2020, 17(2), 617; https://doi.org/10.3390/ijerph17020617.【PDF.pdf
  • Kiuchi S, Aida J, Kusama T, Yamamoto T, Hoshi M, Yamamoto T, Kondo K, Osaka K: Does public transportation reduce inequalities in access to dental care among older adults? Japan Gerontological Evaluation Study.Community Dent Oral Epidemiol. 2019 Nov 15. doi: 10.1111/cdoe.12508.
  • Suzuki N, Nakaoka H, Hanazato M, Nakayama Y, Tsumura K, Takaya K, Todaka E, Mori C:Indoor Air Quality Analysis of Newly Built Houses. Int J Environ Res Public Health. 2019 Oct 28;16(21). pii: E4142. doi: 10.3390/ijerph16214142.【PDF.pdf
  • 近藤克則:「ゼロ次予防」のための設計科学-暮らしている人が健康になる社会づくりに向けて-. 横幹 14(1),16-23,2020.  【PDF.pdf

< 学会・シンポジウム等での発表 >
  • NEC C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2019 Digital Inclusion
    ~デジタルのチカラで、ひとりひとりが輝く社会へ~
    お客さま事例 4-F
    近藤克則:JAGESの研究知見とAI活用による地域マネジメントの取組~健康長寿社会へのAI適用の期待~
    ヘルスケア領域におけるビッグデータとAIの活用が期待されています。「NEC the WISE」の異種混合学習技術とJAGESデータを用いて開発したアルゴリズムと、JAGESの取組みについて
    日時:2019年11月8日(金)12:15~13:00
    会場:東京国際フォーラム G510
    主催:NUA、NEC
    https://uf-iexpo.nec/pick_up?seminar=48

< その他 >
  • OPERA × WACO Well Active Community 共創コンソーシアム Kick Off Symposium 
    PDF.pdf
    日時:2018.12.4(火)14:00~17:00
    会場:AP新橋 4F DEルーム
    テーマ:ゼロ次予防戦略によるWell Active Communityの デザイン・評価技術の創出と社会実装

    研究課題説明
    キーテクノロジー3[地域環境・空間デザイン評価シミュレータの開発]
    研究課題5[異種混合学習解析による高齢者の健康と地域環境の分析ツールの開発] 近藤克則教授

 
PAGE TOP