日本老年学的評価研究
Japan Gerontological Evaluation Study
 
 

地域共生社会関連事業

【平成30年度】厚生労働省 社会・援護局

平成30年度生活困窮者就労準備支援事業費等補助金
社会福祉推進事業

地域共生社会の実現に向けた効果の検証及び今後の政策のあり方等に関する
調査研究事業



【報告書】
タイトル:参加と協働によるセーフティネットの構築〜誰もがつながりを持ち、役割と物語が生まれる地域社会へ〜


「地域共生社会」とは何か。本報告書が示してきたこの問いは、「人々が出会い、価値を共創するプロセスそのものである」ということである。それは、常に個人や地域が既存の関係や役割を超えて問い返し、模索し続けていくものであろう。本報告書は、このような地域の営みを支える制度を構築していく方向性を示すものである。(本文より)

【本文】地域共生社会研究会報告書.pdf
【資料1】地域共生社会研究会事例集.pdf
【資料2】地域共生社会関連エビデンスリスト_JAGES研究より.pdf



【平成30年度】厚生労働省 老健局

平成30年度老人保健事業推進費補助金
老人保健健康増進等事業

分野を横断した一体的実施に関する調査研究事業



【報告書】 
タイトル:分野を横断した一体的実施に関する調査研究事業 報告書

「一体的な実施」とは、従来の制度において縦割りで扱われていた子 ども・子育て、高齢、障害、生活困窮などの区分に分類される方々を、地域の 中で丸ごと捉えてケアする取組を指す。こうした分野・対象者を横断した一体 的な取組は、すでに地域の現場においては存在していたものだが、人々の生活 の課題が多様かつ複合的になる中でその重要性が増している。そうした社会の 変化に合わせて、縦割りや専門職の壁となる部分を廃し、個人や地域を丸ごと エンパワメントしていくような新しい形の制度・政策が求められており、実際 にその萌芽が見られるようになってきた。  本事業のヒアリングにおける、地域共生社会の実現を見据えた先駆的な事例からの学びが、よりよい取組の展開に役立てられることを期待する。(本文より)


【報告書】平成30年度 分野を横断した一体的実施に関する調査研究事業 報告書.pdf
【資料】概要版スライド.pdf (修正中)
 
PAGE TOP