介入研究


JAGESプロジェクトでは、介入研究を実施しています。行政や事業者などの支援を受けつつ、住民ボランティアが主体となり運営される地域サロン等の“集いの場”を地域に増やすことで、それに参加した高齢者個人や、それが普及した地域の要介護認定率がどの程度抑制されるのかを明らかにすることが目的です。

JAGES COMMIT
の臨床試験登録内容
地域づくりによる介護予防事業が高齢者個人および地域の要介護認定率に及ぼす影響: 日本老年学的評価研究プロジェクトによる地域介入研究Japan Gerontological Evaluation Study project's Community Intervention Trial: JAGES COMMIT


各介入研究プロジェクトのページは下記のリンクをご参照ください。