JAGES 日本老年学的評価研究
 
 

JAGES HEART

JAGESではJAGESデータを活用して日本の高齢者における健康の公平性評価・対応ツール「JAGES HEART」(地域マネジメント支援システム)を開発しています。JAGES HEARTは、2000年に施行された介護保険の総合的政策評価ベンチマーク・システムとして、日本の政策立案者が高齢者間での健康格差について評価・対応するためのツールです。
WHOの「Urban HEART」(都市における健康の公平性評価・対応ツール)と調和する形で開発するため、WHO神戸センターと連携して取り組みました。
介護予防に取り組む地方自治体が、現状や課題を数値によって「見える化」して改善するまでのプロセスを総合的に支援できるツールとして役立てられています。

比較レベルと画面の種類

JAGES HEARTは、市町村レベルと小地域レベルの2つのレベルを見ることができます。

市町村レベル
市町村間で比較した結果を示します。
小地域レベル
市町村内の校区など、市町村内の小地域間で比較した結果を示します。

JAGES HEARTには、4種類の画面があります。
  1. 地域診断書(コア指標)
  2. 地域診断書(重要指標)
  3. 重点対象地域選定シート
  4. 手がかり発見シート

開発のための調査


指標の評価基準

 

地域診断書

介護保険者(市町村・広域連合)の状況を、多市町村・市町村内(小地域間)で比較してベンチマークした結果を地域診断書でご覧いただけます。

地域診断書で見える化できること

  • 評価したい対象地域の「要介護リスク」や「社会参加状況」が表示できます。
  • 他の対象地域と比べた「良悪の相対的位置」が確認できます。
  • 「事業評価」や「どの項目を優先するか」などが把握でき、戦略的な地域政策の立案に活用できます。
  • 高齢化率、可住地人口密度、都市度など、該当地域と似た地域で比較ができ、散布図と表で指標の割合を表示できます。散布図と表の表示の切り替えも可能です。
  • 対象地域内(同一市町村内の小地域)での比較を、望ましい値は緑、望ましくない値は赤で色分けして分かりやすく表示します。
 

介護予防政策サポート

介護予防政策には「課題の設定」「介入施策の立案」「プログラムの実施」「効果評価」という一連の流れがあります。これらの各プロセスを直線的にではなく、循環的に進めていくことにより、中・長期的な視点での介護予防の推進や健康格差の是正に取り組むことが大切です。

JAGES HEARTを全国自治体の現場で応用するために、「介護予防政策サポートサイト」を運営しています。「介護予防政策サポートサイト」は、地域ごとの要介護リスクや高齢者のニーズ、介護予防に資するリソースを見える化することで、介護保険担当者の方が自治体の現状や課題を把握し、有効な介入施策を立案・実施・モニタリング・評価することを支援するためのサイトです。地図やグラフによる見える化、地域診断が可能です。


 
PAGE TOP