WHOとの共同研究(Agreement for Performance of Work: APW)

【プロジェクト名】
Research on improving measurement, research and knowledge translation to promote universal health coverage and healthy ageing in Japan.
(日本におけるユニバーサル・ヘルス・カバレッジおよび健康寿命延伸に向けた評価手法および研究,知見の実用・実践の改善に関する研究: unofficial translation) 

【プロジェクト概要】
2011年よりJAGESはWorld Health Organization (WHO) 神戸センターと協働し,日本における高齢化の実証に基づいた政策立案の評価改良に取り組んできた.
2017年5月に開始した本プロジェクトでは,健康寿命延伸に向けた測定,研究及び既存研究の実用化のさらなる改善,および高齢化に向けた新WHOグローバル戦略目標のひとつであるUniversal Health Coverage (UHC)実現に向けた.枠組みの開発を目的としている.本プロジェクトの最終成果物であるモノグラフでは,JAGESプロジェクトの手法や業績,系統的なデータ収集方法,研究を目的としたデータ使用方法、そして日本におけるUHC及び健康寿命延伸のためにどのようにJAGES HEART (Health Equity Assessment and Response Tool)を開発し,国および地域レベルのプログラムや政策に活かしているか,について文書化し分析を行う.
これらに基づいて,国内および国際的なコンサルテーションを通し,他国でも適用可能な枠組みを導き出すと共に,インプリケーションについてもディスカッションする.

【契約期間】
2017年5月16日〜2018年5月15日

<参考URL>
高齢化に向けた新WHOグローバル戦略目標:http://who.int/ageing/global-strategy/en/
JAGES HEART (Health Equity Assessment and Response Tool) :http://www.who.int/kobe_centre/ageing/j_ages_heart/ja/

<WHO神戸センターウェブサイトに本研究が掲載されました>
英語はこちら
日本語はこちら