横断研究

 一時点のデータを用いて、関連を検索する研究です(PDF.pdf

 

縦断研究(コホート研究・パネル研究)

 対象者を追跡して分析することで、時間的な前後関係から因果関係に迫る研究です。(PDF.pdf
  • コホート研究:一時点の調査データとその後の死亡や要介護認定データを用いて分析する研究です。
  • パネル研究:同じ対象者に2回調査をしてその間の変化を分析する研究です

 

自然実験 Iwanuma (岩沼) project

  • 2011年3月11日に東日本大震災で被災した岩沼市の高齢者を対象にした,被災前後のデータを用いた研究です.
    詳細は 、( http://square.umin.ac.jp/ages/iwanuma.html
  • National Institutes of Health (NIH,米国国立衛生研究所)からの研究助成を受けています.
    Department of Health and Human Services,National Institutes of Health,National Institute on Aging Research Grant Number 1R01AG042463-01A1.
    PrincipalInvestigator:Ichiro kawachi.
    Sub-contract Principal Investigator:Kastunori Kondo.
    Project Title:Impact of Social Cohesion on Functional Recovery after Earthquake and Tsunami. 
    Project Period:07/01/2013-06/30/2018.