論文等・英文

  1. Saito T, Murata C, Saito M, Takeda T, Kondo K:Influence of social relationship domains and their combinations on incident dementia: a prospective cohort study.J Epidemiol Community Health. 2017 (in press).
  2. Murayama H, Fujiwara T, Tani Y, Amemiya A, Matsuyama Y, Nagamine Y, KondoK:Long-term impact of childhood disadvantage on late-life functional decline among older Japanese: Results from the JAGES prospective cohort study. Journal of Gerontology: Biological Sciences & Medical Sciences. (in press)
  3. Saito T, Murata C, Aida J, Kondo K:Cohort study on living arrangements of older men and women and risk for basic activities of daily living disability: findings from the AGES project.BMC Geriatr. 2017 Aug 16;17(1):183.
  4. Shobugawa Y, Fujiwara T, Tashiro A, Saito R, and Kondo K:Social participation and risk of influenza infection in older adults: A cross-sectional study. BMJ Open, 2017(in press).
  5. Hikichi H, Sawada Y, Tsuboya T, Aida J, Kondo K, Koyama S, Kawachi I: Residential relocation and change in social capital: A natural experiment from the 2011 Japan Earthquake and Tsunami. Science Advances, 2017
  6. Amemiya A, Murayama H, Tani Y, Kondo K, Fujiwara T: Adverse childhood experiences and higher-level functional limitations among older Japanese people: results from the JAGES study. Journal of Gerontology: Medical Sciences: in press, 2017
  7. Hikichi H, Tsuboya T, Aida J, Matsuyama Y, Kondo K, Subramanian S, Kawachi I: Social Capital Prevents Cognitive Decline in the Aftermath of a Natural Disaster: A Quasi-Experiment from the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami. The Lancet Planetary Health 1 (3), 2017
  8. Inoue Y, Andrew S, Yazawa A, Aida J, Kawachi I, Kondo K, Fujiwara T: Adverse childhood experiences, exposure to a natural disaster and posttraumatic stress disorder among survivors of the 2011 Great East Japan earthquake and tsunami. Epidemiology and Psychiatric Sciences: 1-9, 2017
  9. Fujiwara T, Takamoto I, Amemiya A, Hanazato M, Suzuki N, Nagamine Y, Sasaki Y, Tani Y, Yazawa A, Inoue Y, Shirai K, Shobugawa Y, Kondo N, Kondo K: Is a hilly neighborhood environment associated with diabetes mellitus among older people? Results from the JAGES 2010 study. Social Science & Medicine 182: 45-51, 2017
  10. Noriko C, Chandola T, Aida J, Sekine M, Netuveli G: Can sleep disturbance influence changes in mental health status? Longitudinal research evidence from ageing studies in England and Japan. Sleep Medicine 30: 216-221, 2017
  11. Honjo K, Tani Y, Saito M, Sasaki Y, Kondo K, Kawachi I, Kondo N:Living alone or with others and depressive symptoms, and effect modification by residential social cohesion among older adults in Japan: JAGES longitudinal study. Journal of Epidemiology, 2017(in press).
  12. Murata C, Saito T, Tsuji T, Saito M, Kondo K. A 10-Year Follow-Up Study of Social Ties and Functional Health among the Old: The AGES Project. International Journal of Environmental Research and Public Health 2017;14:717.
  13. Sasaki Y, Aida J, Tsuji T,Miyaguni Y, Tani Y, Koyama S, Matsuyama Y, Sato Y, Tsuboya T, Nagamine Y, Kameda Y, Saito T, Kakimoto K, Kondo K, and Ichiro Kawachi:Does the Type of Residential Housing Matter for Depressive Symptoms in the Aftermath of a Disaster? Insights from the Great East Japan Earthquake and Tsunami. Am J Epidemiol (accepted).
  14. Matsuyama Y,Aida J,Watt R,Tsuboya T,Koyama S,Sato Y,Kondo K,Osaka K:Dental Status and Compression of Life Expectancy with Disability.J Dent Res. 2017 Jun 1:22034517713166. doi: 10.1177/0022034517713166.
  15. Shiba K, Kondo N, Kondo K, Kawachi I: Retirement and mental health: dose social participation mitigate the association? A fixed-effects longitudinal analysis. BMC public health 17 (1): 526, 2017.
  16. Hikichi H, Kondo K, Takeda T, et al.: Social interaction and cognitive decline: Results of a 7-year community intervention. Alzheimer's & Dementia: Translational Research & Clinical Interventions 3: 23-32, 2017
  17. Matsuyama Y,Aida J,Tsuboya T,Hikichi H,Kondo K,Kawachi I,Osaka K:Are Lowered Socioeconomic Circumstances Causally Related to Tooth Loss? A Natural Experiment Involving the 2011 Great East Japan Earthquake. Am J Epidemiol 1-9, 2017(in press)
  18. Tsuji T,Sasaki Y,Matsuyama Y,Sato Y,Aida JKondo K,Kawachi I:Reducing depressive symptoms after the Great East Japan Earthquake in older survivors through group exercise participation and regular walking:a prospective observational study.BMJ Open 7(3);e013706,2017.
  19. Haseda M,Kondo N,Ashida T,Tani Y,Takagi D,Kondo K:Community social capital, built environment and income-based inequality in depressive symptoms among older people in Japan: An ecological study from JAGES project.Journal of Epidemiology2017(in press)
  20. Saito M, Kondo N, Aida J, Kawachi I, Oyama S, Ojima T, Kondo K :Development of an instrument for community-level health related social capital among Japanese older people: The JAGES Project.Journal of Epidemiology,Volume 27, Issue 5, May 2017, Pages 221–227.
  21. Tsuboya T,Aida J,Hikichi H,S.V.Subramanian,Kondo K,Osaka K,Kawachi I:Predictors of decline in IADL functioning among older survivors following the Great East Japan earthquake: A prospective study.Social Science & Medicine,Volume176,2017,Pages34–41.
  22. Tani Y, Kondo N, Noma H, Miyaguni Y, Saito M, Kondo K:Eating Alone Yet Living With Others Is Associated With Mortality in Older Men: The JAGES Cohort Survey. The journals of gerontology Series B, Psychological sciences and social sciences. 2017.
  23. Yokobayashi K,Kawachi I, Kondo K, Kondo N,Nagamine Y,Tani Y,Shirai K,Tazuma S,JAGES group:Association between Social Relationship and Glycemic Control among Older Japanese: JAGES Cross-Sectional Study.PLoS One12(1):e0169904. doi: 10.1371/journal.pone.0169904. eCollection 2017.
 

論文等・和文

  1. 矢澤亜季:高齢者における社会参加と高血圧. 先端医学社 血圧 2017年8月号 (Vol.24 No.8)
  2. 田代敦志, 相田潤, 菖蒲川由郷, 藤山友紀, 山本龍生, 齋藤玲子, 近藤克則: 高齢者における所得格差と残存歯数の関連:JAGES2013新潟市データ. 日本公衆衛生雑誌 64 (4): 190-196, 2017
  3. 辻大士, 高木大資, 近藤尚己, 近藤克則: 基本チェックリストと健診データを用いた縦断研究に基づく要支援・要介護リスク評価尺度の開発. 日本公衆衛生雑誌 64 (5): 246-257, 2017
  4. 斉藤雅茂:(2017)〔特集:高齢者の孤立を考える〕高齢者の社会的孤立予防・軽減にむけた地域診断の意義と可能性「Aging & Health(公益財団法人 長寿科学振興財団)」印刷中(査読無)
  5. 斉藤雅茂,宮國康弘,斎藤民,尾島俊之,近藤克則(2017):「近隣住民による独居高齢者への見守り活動のプロセスと未充足ニーズの評価;見守り活動は支援すべき人々をカバーできているのか」『社会福祉研究』,第129号(7月発行号),鉄道弘済会.
  6. 宮國康弘:地域福祉実践における評価の考え方と方法.地域福祉実践研究 2017; 8: 3-9.
  7. 近藤克則: 「健康ゴールド免許」導入の前に知るべきこと. 月刊/保険診療 72(6) : 41-47, 2017.
    保険診療1706月視点.pdf
    (『月刊/保険診療』2017年6月号視点『「健康ゴールド免許」導入の前に知るべきこと』より。
    医学通信社:http://www.igakutushin.co.jp/)
  8. 辻大士, 笹川修, 中村信次, 小平英志, 近藤克則, 山崎喜比古:大学生におけるスポーツ系の部・サークル活動参加とストレス対処力,うつ・不安感の縦断研究: 2年間(3時点)の追跡調査に基づく分析. 運動疫学研究 19(1): 24-35, 2017.
  9. 柳奈津代, 近藤克則:特別寄稿 エビデンス明らかになる「健康づくりの場」のメリット 「憩いのサロン」創設の武豊町では要介護認定率が半減 社会環境整備にシフトする政策の潮流. Drug magazine 60(5), 42-45, 2017-05(査読無)42-45_0502_特別寄稿.pdf
  10. 坪井宏仁,平井寛,近藤克則:家庭の外では,社会的サポートは,受けるより与えるほうが,抑うつの改善によさそうである. 日本心身医学雑誌57(3), 296-296, 2017.
  11. 田代敦志,相田潤,菖蒲川由郷,藤山友紀,山本龍生,齋藤玲子,近藤克則;高齢者における所得格差と残存歯数の関連JAGES2013新潟市データ. 日本公衆衛生雑誌 64(4), 190-196, 2017
  12. 辻大士,高木大資,近藤尚己,近藤克則.基本チェックリストと健診データを用いた縦断研究に基づく要支援・要介護リスク評価尺度の開発.日本公衆衛生雑誌 64(5): 246-257, 2017.
  13. 亀田義人,近藤克則:地域包括ケア「見える化」システムと社会参加戦略,Geriatric Medicine 55(2):145-149,2017
  14. 近藤克則:健康格差日本の経済成長にも影響「格差社会」の是正を急げ,くらしとからだ 91:3-5,2017
  15. 近藤克則:講演 健康格差社会にどう立ち向かうか 臨床医への提言 (特集 「医療・介護活動の新しい2つの柱」をどう実践するか).民医連医療 (535), 22-27, 2017
  16. 亀田義人,近藤克則:医療機関における社会的弱者対策の現状と課題 (特集 健康格差対策) -- (医療現場での健康格差対策).治療 99(1), 28-32, 2017
  17. 長嶺由衣子,近藤克則:健康格差対策と予防政策 : 海外から学ぶこと (特集 健康格差対策) -- (健康格差とその対策).治療 99(1), 18-22, 2017
 

シンポジウム

  1. 医研シンポジウム2017「健康な社会づくりをめざして-健康自己責任論を超えて何をなすべきか-」
    (2017.9.15 13:30~17:00 全社協・灘尾ホール)
    座長:近藤克則
    演者・パネリスト:近藤尚己「多部門連携による健康な社会環境づくり-健康に無関心な人々への対応」
  2. シンポジウム「保健・医療・介護政策を問う」
     (2017.7.15 14:00~16:30 中央大学駿河台記念館)
    講演:近藤克則
  3. JFBA 日本弁護士連合会
    社会保障制度改革に関する連続シンポジウム①(医療)「これからの日本の医療-医療の質の向 上と費用の節減をどう両立させるか-」
    (2017.6.12 18:30~20:30 弁護士会館17階 1701ABC会議室)
    基調報告:近藤克則 『医療・介護に関する研究会』報告書に書いた「医療の向上と費用節減―両立の条件ー」について
  4. AMEDロンドン事務所開催 
    「予防」に着目した地域介入等の研究を進めるための「ヘルシーエイジングに関するシンポジウム」
    (2017.4.12 英国ロンドンの王立内科医協会 Royal College of Physicians)
    参加者:近藤克則,近藤尚己,他
 

講演

  1. 一般財団法人 日本看護研究学会 第43回学術集会
    ―原点回帰― 求められる看護研究の成果と教育への還元 (2017.8.29~30)
     (2017.8.30 14:30~16:00 東海市芸術劇場 第1開場 大ホール)
    市民フォーラム 「江戸・明治時代からいきづくモノづくり・健康づくり~愛知の食文化と健康~」
    座長,基調講演:近藤克則
  2. 第57回農村医学夏期大学講座
    人口減少社会を問いなおす ~参加とつながりがはぐくむコミュニティの力~
     (2017.7.22 10:40~12:00 JA長野厚生連佐久総合病院 農村保健教育ホール)
    講演:近藤克則
    テーマ:健康格差社会への処方箋
  3. エイジフレンドリーシティ宝塚行動計画策定記念講演会
    宝塚市が日本で2番目にエイジフレンドリーシティ行動計画の策定を記念した講演会です
    (2017.3.25 宝塚ホテル 新館6階 宝寿の間)
    講師:近藤克則「高齢者における社会参加と健康のいい関係」
  4. 第36回日本社会精神医学会
    (2017.3.3~4 大田区産業プラザ PiO コンベンションホール)
    演者:近藤克則 教育講演 健康格差社会への早期警告から処方箋へ(2017.3.3. A会場11:30~12:30)
  5. 平成28年度ウィンターセミナー
    (2017.2.10 ちば県民保健予防財団 講堂ちば県⺠保健予防財団 講堂)
    主催:公益財団法人ちば県⺠保健予防財団
    講演:近藤克則講演Ⅰ「地域や社会経済状況による集団間の健康格差
  6. 千葉県医師会研修会『特別講演「健康格差社会」への処方箋―政策・実践へのヒント』
    (2017.1.21千葉県医師会館)
    演者:近藤克則(千葉大学予防医学センター)
  7. とよはし・マスターズカレッジ 「わが町の地域診断~高齢者の実態を知ろう~」(住民向け研修会)
    (2017.1.18 豊橋市社会福祉協議会総合福祉センター)
    主催:豊橋市社会福祉協議会 
    講師:斉藤雅茂
 

セミナー

  1. 医療経済研究機構(IHEP)
    第3回 地域包括ケアシステム特別オープンセミナー
    地域包括ケアシステムの深化 〜戦略的な地域マネジメントとは〜
    (2017.7.12 14:00~17:30 東京大学 鉄門記念講堂 医学部教育研究棟14階)
    講師:近藤克則
    レクチャー(1):介護予防の課題の見える化と地域資源の開発支援 〜JAGES HEARTを通じて〜
 

研究会

  1. ソーシャル・キャピタル研究会
    (2017.10.21 13:00~16:10 日本大学法学部 10号館3階 1031講堂)
    講師:近藤克則
    演題:「健康格差社会への処方箋」―社会は健康とどう結びついているのか」
  2. 日本大学法学部SC研究会
    (2017.7.15 13:00~17:50 日本大学法学部10号館4階1041講堂)
    講師:近藤尚己
    演題:健康格差対策にソーシャルキャピタル理論がどう役立つか:国内外の事例より
  3. 新潟大学経済学部 経済学会研究会 
    (2017.3.3 第一合同研究室)
    報告者:芦田登代
    演題:地域間の健康格差とソーシャル・キャピタル:どこまで明らかになっているか
 

学会発表

  1. The 21st International Epidemiological Association (IEA)
    World Congress of Epidemiology (WCE2017)
    第21回国際疫学会総会(2017.8.19~22 大宮ソニックシティ)
    テーマ:Global/Regional/Local Health and Epidemiology in A Changing World
     「地球規模/地域/小地区における、変化し続ける世界における健康と疫学」 【Plenary Lecture 2】
    (2017.8.19 Main Hall 15:00-15:45)
     Moderator: Ojima T(secretary general)
    【Oral 6】 Geriatric epidemiology 1
    (2017.8.20 Room F 13:00-14:00)
     Moderator:Yoshimura N
    (1)Noriko Cable:Identifying frail biomarkers using the japan gerontological evaluation study.(O6-1)p47.
    【Poster Presentation 1】
    (2017.8.20 Poster Presentation Room 17:00-18:00)
     (1)Amemiya A:Associations of adverse childhood experience with adult diseases and their risk factors in older people: A comparative study of Japan and Finland.(P1-47)p54
    (2)Sasaki Y:Social support as a moderator of depressive symptoms after the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami -The Iwanuma project, The JAGES prospective cohort study-.(P1-76)p56.
    (3)Moroishi M: A prospective cohort study of hobbies associated with less incidence of functional disability:The Japan Gerontological Evaluation Study.(P1-99)p58
    (4)Haseda M:The effect of having primary care physicians for maintaining activities of daily living: JAGES longitudinal study.(P1-117)p59.
    【Poster Presentation 3】
    (2017.8.22 Poster Presentation Room 11:50-12:50)
    (1)Saito T:Risk score for onset of dementia among community dwelling older adults in Japan: An update.(P3-135)p113.
     【Symposium 19】 Causal inferences using natural experimental studies to face current public health challenges
    (2017.8.21 Room B 10:00-12:00)
    Moderator: Kondo N
    (1)Aida J:Using disaster as an external shock: Pre-disaster social capital and resilience among the victims of the 2011 Great East Japan Earthquake.(S19-1)p69.
    (2)Hikichi H:Evaluation of a community intervention program promoting social interactions among older residents to prevent functional disability: Findings from propensity score matching and instrumental variable analyses.(S19-2)p69.
    (3)Haseda M:Effectiveness of supporting municipality staff for data-oriented cross-sectoral collaborations on their job performances: a cluster quasi-experimental study.(S19-3)p69.
    【Symposium 28】
     Geriatric epidemiology in Japan: Care prevention, Social determinants of health, Dementia and depression
    (2017.8.22 Room B 8:30-10:30)
    Moderators:Tsuji I,Yasumura S
    (1)Kondo K:Social determinants of health in older people.(S28-4)p98.
     【Symposium 29】
     Development of Indicator and management for building Age Friendly Communities
    (2017.8.22 Room B 13:00-15:00)
     Moderators:Kondo K,Sarah Barber
    (1)Kondo N:Utilization of Community Diagnosis Tools toward cross-sectoral collaborations in Kobe, Japan.(S29-2)p99.
    (2)Ojima T:Extending indicators to dementia-friendliness.(S29-5)p99.
     【Symposium 32】
    Social determinants of health: translating evidence into action
    (2017.8.22 Room D 8:30-10:30)
     Moderators:Iso H, Eric Brunne
    (1)Kondo N:Health disparities in adult and older individuals in Japan: evidence for action.(S32-3)p100.
    【Symposium 33】
    Social Determinants of Health: Results from International Comparative Studies of British,Finnish, and Japanese Civil Servants
    (2017.8.22 Room D 13:00-15:00)
    Moderators: Eero Lahelma,Tarani Chandola
    (1)Noriko Cable:Social determinants of mental health in cultural contexts: an example of social contacts.(S33-3)p101
    【Oral 41】 Infectious diseases 2
    (2017.8.22 Room G 13:00-14:00)
    Moderator: Timo Smieszek
    (1)Saito J:Low frequency of leaving home as a predictor of future trajectories of functional disability among older adults in Japan: the JAGES cohort study.(P3-113)p112
    【Poster Presentation 3】
    (2017.8.22 Poster Presentation Room 11:50-12:50)
    (1)Ojima T:Social support and long-term care need.(P3-152)p114.

  2. The 21st IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, San Francisco, United States, July 24 , 2017.
    【Poster Presentation】
    (1)Saito-Kokusho, Tokunori Takeda, Toshiyuki Ojima, Masashige Saito, Chiyoe Murata, Hiroshi Hirai, Kayo Suzuki, Katsunori Kondo. Sports group participation reduces the onset of dementia among high-risk older adults.
    (2)Tami Saito-Kokusho, Kokoro Shirai, Tuula Oksanen, Jaana Pentti, and Jussi Vahtera. Influence of education on association between marriage and mortality: a cross-national study.

  3. 第59回日本老年社会科学会大会 (2017.6.14~16 名古屋国際会議場)
    テーマ:地域包括ケアの時代と老年社会科学
    【合同シンポジウム10】
    テーマ:大独居時代の地域支援に向けて
    (2017.6.15 15:00~17:00 2号館3F 231第17 会場)
    司会:斎藤民
     講演:斉藤雅茂
    演題:地域住民による独居高齢者への見守り活動の意義と課題
    【合同シンポジウム16】
    テーマ:健康日本21(第2 次)の視点からみた介護予防の推進
    (2017.6.16 10:00~12:00 2号館3F 234第21会場)
    講演:近藤克則
    演題:高齢期の健康格差の縮小に向けた予防策 ―JAGES プロジェクトの知見から―
    【シンポジウム】
    テーマ:コホート研究からの新たな挑戦 ―ビッグデータの更なる活用を目指して―
    (2017.6.16 13:00~15:00 2号館3F 234第21会)
    座長:近藤克則
    講演:村田千代栄
    演題:日本老年学的評価研究(JAGES)プロジェクトの概要とその可能性
    講演:竹田徳則
    演題:介護予防推進と事業評価 ―武豊プロジェクト―
    【一般報告(ポスター発表)】
    テーマ:社会参加・社会貢献③
    (2017.6.16 15:00~15:30 1~2号館3F 通路)
    講演:斉藤雅茂,近藤克則,近藤尚己,相田潤,尾島俊之
    演題:地域単位のソーシャル・キャピタルが高齢者のその後の孤立化に及ぼす影響 ―JAGESプロジェクト2010・2013パネルデータより―
    【一般報告(ポスター発表)】
    テーマ:認知機能・認知症①
    (2017.6.15 10:00~10:30 1~2号館3F 通路)
    発表者:伊藤美智予,加藤憲,鈴木亮子,中村裕子,村田康子
    発表内容:特別養護老人ホームにおける認知症ケアの質と教育・研修システムとの関連 ―パーソン・センタード・ケア理論のVIPS フレームワークを用いた認知症ケアの質の評価―
    【一般報告(ポスター発表)】
    テーマ:社会参加・社会貢献①
    (2017.6.15 10:00~10:30 1~2号館3F 通路)
    発表者:深谷太郎,小林江里香,鈴木宏幸,西真理子,小池高史,長谷部雅美,村山陽,野中久美子,斉藤雅茂,藤原佳典
    発表内容:社会的孤立が2 年後・4 年後の健康等に与える影響 ―首都圏高齢者の地域包括的孤立予防研究(CAPITAL study)より―
    【一般報告(ポスター発表)】
    テーマ:介護者①
    (2017.6.15 10:00~10:30 1~2号館3F 通路)
    発表者:鈴木亮子,尾之内直美,湯原悦子,伊藤美智予,国井由生子,眞智さおり
    発表内容:コーピングの観点からみた認知症患者の介護家族への支援プログラムの効果検討 ―当事者団体の取組みより―

  4. PRE-MEETING of 9th ISSC International Society for Social Capital researchers.
     University of Turku, ICT-City, Joukahaisenkatu 3, Turku, Finland Onboard ship Viking Line Amorella from Turku to Stockholm.(June 6-7, 2017)
    June 7, 2017 INTERNATIONAL COLLABORATION IN SOCIAL CAPITAL RESEARCH Presentations and updates on J-Ages-FPS papers (10 min presentation + 5-10 min discussion)
    (1) Fujiwara T:Is hilly environment good for health among older people?(2) Amemiya A:Associations of adverse childhood experiences with adult diseases and their risk factors in older people: A comparative study of Japan and Finland.
    (3) Shirai K: Positive psychological assets and health conditions.
    (4) Tsuji T: Educational attainments and sedentary lifestyle: national comparison between Finland and Japan.
    (5) Murayama H:SES-BMI association: A comparative study of Japan and Finland.
    (6) Shobugawa Y "Future plan:Social epidemiological survey in Myanmar and Malaysia.
    Aula at Socialhögskolan, Stockholm University (Sveaplan), Sveavägen 160, Stockholm (June 8th, 2017 between 9:00-12:30)
    (1) Professor Katsunori Kondo, Chiba University:Social and built environment and health.(11:30-12:00)
    Social Determinants of Health in Disaster Recovery.(June 9th, 2017 between 13:30-16:00)
    (1) Sasaki Y:Depressive symptoms and neighborhood tie of older survivors in a disaster area: A longitudinal data analysis. (14:15-14:30)
    Social Capital and Health in the Elderly.(June 9th, 2017 between 13:30-16:00)
    (1) Shirai K:Social capital, happiness and health-related behaviors among older population in Japan.(14:45-15:00)
    (2) Shobugawa Y:Community social capital and homebound in rural-urban context: JAGES Niigata study.(15:00-15:15)
    (3) Amemiya A:Social capital and care-required level among older people:JAGES cohort study 2010-2014.(15:15-15:30)
    (4) Kondo N:Effectiveness of supporting municipality staffs on making cross-sectoral collaborations on individual social capital:JAGES intervention study.(15:30-15:45)
    (5) Tsuji T:Community-level sports group participation relates individual-level depressive symptoms in Japanese older adults: JAGES multilevel cross-sectional study.(15:45-16:00)

  5. 第27回 日本疫学会学術総会
    「ライフコース・ヘルスケアを支える疫学 ―研究基盤から社会実装まで―」(2017.1.25~27 ベルクラシック甲府)
    【口演】
    ・柳奈津代,羽田明,藤原武男,近藤克則:子ども期の社会経済的地位と高齢期の野菜・果物接種頻度の関連:JAGES2010.(2017.1.27.O-33)抄録集p81.
    ・佐々木由理,相田潤,辻大士,佐藤遊洋,宮國康弘,近藤克則:震災2年半後の高齢者のうつと死別経験-日本老年学的評価研究(JAGES)岩沼プロジェクトの縦断研究-.(2017.1.27.O-41)抄録集p83.
    ・尾島俊之,倉田貞美,加賀田聡子,堀井聡子,横山由香里,相田潤,斎藤雅茂,近藤尚己,近藤克則:Age and Dementia Friendly Cities指標の開発と地域格差診断(2017.1.27.O-47)抄録集p84.
    ・辻大士,高木大資,近藤尚己,近藤克則:要介護リスク得点の開発 ― 健診データは予測妥当性を向上させるか?―.(2017.1.27.O-48)抄録集p84.
    ・近藤克則,平松誠,宮國康弘,斉藤雅茂:日常生活圏域ニーズ調査データによる地域診断は可能か:JAGESプロジェクト. (2017.1.27.O-52)抄録集p85.
    ・雨宮愛理,藤原武男:The influence of community social capital on poorcontrolled diabetes: the JAGES study.(2017.1.27.O-60)抄録集p87.
    【ポスター発表】
    ・古賀千絵,花里真道,鈴木規道,近藤克則:高齢者における身体的虐待と幼少期の逆境体験の関連について.(2017.1.27.3-A1P-175)抄録集p136.
    ・芦田登代,澤田康幸,近藤克則:双曲割引は健康行動にどのように影響するか-東日本大震災被災者のフィールド実験に基づいたエビデンス-.(2017.1.27.3-A1P-178)抄録集p137.
    ・岡部大地,辻大士,近藤克則:高齢者では生活機能と特定健診項目のどちらが健康寿命喪失のリスクか:JAGESコホート研究(2017.1.27.3-A1P-180)抄録集p137.
    ・菖蒲川由郷,中谷友樹,田代敦志,齋藤玲子,近藤克則:地理的加重回帰分析による高齢者うつ要因の地域差の解明.(2017.1.27.3-A1P-181)抄録集p138.
    ・宮國康弘,近藤克則,平松誠,斉藤雅茂:地域診断指標の研究:「通いの場」の箇所数・社会参加割合と要支援・介護認定率の関連. (2017.1.27.3-A1P-182)抄録集p138.
    ・亀田義人,近藤克則,佐々木由理,辻大士,宮國康弘:高齢期の運動の行動変容ステージモデルと健康の社会的決定要因の関係 JAGES横断研究(2017.1.27.3-A1P-186)抄録集p139.
    ・平井寛,近藤尚己,尾島俊之,近藤克則:要介護期間が短い高齢者の特徴-13年間の縦断研究 JAGES Project(2017.1.27.3-A2P-210)抄録集p145.
    ・高木大資,近藤尚己,辻大士,近藤克則:介護予防に有効な地域資源は、″隣の隣″の小学校区まで(2017.1.27.3-A2P-216)抄録集p146.
    ・齋藤順子,近藤尚己,斉藤雅茂,谷友香子,長谷田真帆,田淵貴大,近藤克則:高齢者における要介護状態の変化パターンと閉じこもりとの関連:JAGESコホート研究.(2017.1.27.3-A2P-217)抄録集p147.
    ・梅森幸,相田潤,坪谷透,礪波健一,田淵貴大,俣木志朗,近藤克則:高齢者における受動喫煙と残存歯数の関係:JAGES横断研究.(2017.1.27.3-C2P-229)抄録集p150.
    ・林尊弘,近藤克則,竹田徳則,引地博之:憩いのサロン参加と手段的日常生活活動との関連:愛知県武豊町におけるコホート分析(2017.1.27.3-C2P-233)抄録集p151.

  6. 一般財団法人医療介護福祉政策研究フォーラム
    平成29年新春座談会 「医療・介護改革の行方~2018年に向けて~」
    (2017.1.11イイノホール東京都千代田区内幸町2-1-1飯野ビルディング4階)
    出演者:近藤克則,他.
 

受賞

  1. 平成29年度厚生労働統計協会の川井記念賞に選ばれました
    受賞論文:田代敦志、菖蒲川由郷、齋藤玲子、近藤克則:肺炎球菌ワクチン接種率の地域差と背景要因 厚生の指標  63(1), 1-6, 2016-01
  2. 第76回日本公衆衛生学会総会でJAGES岩沼プロジェクトの研究成果が最優秀口演賞を受賞しました
    佐々木由理、相田潤、辻大士、宮國康弘、田代藍、小山史穂子、松山祐輔、佐藤遊洋、近藤克則:社会的サポートは被災後の高齢者のうつ発生を抑制するか-JAGES 2010-13縦断分析-
    震災後のうつ発症リスクは震災前の社会的サポートにより40%減.pdf
 

メディア掲載・放送等

  1. BuzzFeed News Japanで紹介されました
    (2017/10/16 12:01記者:岩永直子 BuzzFeed News Editor, Japan)
    自民も野党も幼児教育の無償化を訴える理由 生涯にわたり続く深刻な健康格差衆議院議員選挙で各党「幼児教育の無償化」を公約として掲げていますが・・・
    「幼児教育の無償化は考え方としていいですが、総合的にみて実効性のある制度にしなければなりません」(近藤克則)
    https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/preschool-education
  2. 朝日新聞朝刊で紹介されました(2017.10.11)
    (1分で知る)うつ:2 仮設暮らし、リスク2倍(佐々木由理)
    http://www.asahi.com/articles/DA3S13173885.html
  3. 朝日新聞の医療サイト「アピタル」で紹介されました(2017.10.11 6:00)
    シリーズ:うつ 仮設暮らし うつ発症リスクが2倍に(佐々木由理)
    http://www.asahi.com/articles/ASKBB624RKBBUBQU011.html
  4. 日経電子版日経Goodayで、JAGESのサブプロジェクト(JAGESの認知症予防の研究成果)岩沼/武豊プロジェクトの研究成果が紹介されました。(2017.9.1)
    介護に備える 震災被災者の認知症 住宅被害や社会的結びつきが左右
    https://style.nikkei.com/article/DGXMZO20344690U7A820C1000000?channel=DF140920160925
  5. インターネットメディア(NTTドコモと共同で企画・運営)「10MTVオピニオン」で、近藤克則先生の著書『健康格差社会への処方箋』を参考に、以下のコラムが配信されました。(2017.8.30)
    <『健康格差社会への処方箋』が教える、3つの格差対策>
    http://10mtv.jp/pc/column/article.php?column_article_id=1258
  6. 公益財団法人日本レクリエーション協会の機関誌 Recrew 2017年8月678号、「運動は『1人で』のみ行うより家族や友人と『一緒に』行う方が健康を実感」で紹介されました。
     ・「憩いのサロン」参加で認知症リスク3割減(引地博之)
    ・運動で死亡リスク減↓ 「1人で」するより、誰かと「一緒に」(金森悟)
    ・笑わない人は脳卒中リスク1.6倍増(近藤尚己)
  7. THE WALL STREET JOURNAL.で岩沼プロジェクトの成果が紹介されました。(2017.8.17 10:21)
    Social Ties Are Key for Survivors of a Disaster In the aftermath of the 2011 tsunami, studies show that how people are relocated can affect their recovery.
  8. 神戸新聞朝刊で紹介されました。(2017.8.9)
     「WHO神戸と国立長寿研高齢者政策で共同研究」
  9. 産経ニュースWEB版で紹介されました。(2017.8.3 13:00)
    【ゆうゆうLife】 「要介護にならない団地」若葉台団地(横浜市) ジョギングや英会話…活発な住民活動で健康イキイキ(全5ページ)(金森悟)
     http://www.sankei.com/life/news/170803/lif1708030017-n1.html
  10. 朝日新聞朝刊,朝日新聞デジタルWEBで武豊サロン,松戸プロジェクト,要支援・要介護リスク尺度が紹介されました。
    (2017.8.2 6:00 田村建二=朝日新聞記者編集委員)
    「人のため」で老後いきいき(竹田徳則,近藤克則,辻大士) 
    http://www.asahi.com/articles/ASK815V8WK81UBQU01B.html?iref=com_api_spe_oitop
  11. 日本経済新聞WEBで紹介されました。(2017.8.1 12:29)
    集団移転でつながり強化 仮設入居、認知機能維持も(引地博之) http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG26HG2_R00C17A8CR0000/
  12. 岩手日報(岩手)、秋田魁新報(秋田)、河北新報(宮城)、東京新聞、京都新聞(京都)、愛媛新聞(愛媛)、四国新聞(香川)いずれも7月27日朝刊で紹介されました。(2017.7.27)
    高齢者集団移転つながり強まる 震災でハーバード大認知機能維持も(引地博之)
  13. NHK NEWS WEBで紹介されました。(2017.7.23 5:56)
    震災後に仮設入居の高齢者うつ発症傾向が2倍に(佐々木由理)
     http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170723/k10011069861000.html?utm_int=news_contents_news-main_006
  14. 東武よみうり新聞(越谷市など6市町村の読売新聞販売店からの読売新聞の折り込み等で配布)でJAGESの研究成果が紹介されました。(2017.7.17)
    埼玉県立大学教員によるリレーコラム【県立大発!耳より健康情報】 仲間づくりで介護予防 「高齢者の“健康づくり”のヒント」
  15. 日経メディカルWEBで紹介されました。(2017.7.11 加納亜子=日経メディカル)
    特集◎認知症は減らせる《プロローグ》 日本でも「認知症が減る日」は本当に来るのか(竹田徳則)
     http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t293/201707/552005.html
  16. @niftyニュース・Excite.ニュース・Infoseek楽天NEWSで紹介されました。(2017.6.29 11:06)
    自分の歯が多く保たれている高齢者は健康寿命長く、要介護日数短い(松山祐輔)
    ・ https://news.nifty.com/article/technology/techall/12158-1644715/
    ・http://www.excite.co.jp/News/it_biz/20170629/Cobs_1644715.html
    ・ https://news.infoseek.co.jp/article/mynavi_1644715/
  17. 日経グッデイ記事「カラダにいい情報」で紹介されました。(2017.6.29)
    健康の背景に「生きがい」(JAGESプロジェクト)
     http://www.nikkei.com/article/DGKKZO1824982029062017NZBP00/
  18. 日本経済新聞電子版で紹介されました。(2017.6.28 17:35)
    東北大、高齢期に保持できている歯の本数が多い人は健康で長生きであることを発表(松山祐輔)
     http://www.nikkei.com/article/DGXLRSP449543_Y7A620C1000000/
  19. 南信州新聞「日言」で紹介されました。(2017.6.5)
     「高齢者が気づかぬうち糖尿病のリスクが減るよう、坂道を配置した町づくりができたら」(藤原武男)
  20. 日経グッデイ記事「転びやすい町、転びにくい町」掲載開始しました(2017.6.2 金沢明=医学ライター)
    http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/14/091100031/052200479/
    高齢者20万人研究で分かった「転びやすい町、転びにくい町」最大4倍の「転倒格差」はどこから生まれるか(近藤克則)
  21. NHK NEWS WEB 東海 NEWS WEB で紹介されました(2017.5.22 19:29)
    「要介護のリスクを予測」(辻大士)
  22. 日経電子版日経Goodayで紹介されました(2017.5.16)
    「5年後、認知症になる確率は? チェックリストで確認」(竹田徳則)
  23. BIGLOBEニュース毎日新聞で紹介されました(2017.5.9 10:55)
    「<糖尿病>坂道の街はリスク減、無意識に運動増 研究発表」(藤原武男)
  24. 時事メディカルで紹介されました(2017.5.8 17:49)
    「中度の糖尿病、軽い坂で抑制?=傾斜1.5度で18%減-医科歯科大など」(藤原武男)
  25. TBSの動画ニュースサイト TBS NEWSで紹介されました(2017.5.8 17:39)
    「糖尿病予防には坂道歩きが効果的?」(藤原武男)
  26. 日テレNEWS24で紹介されました(2017.5.8 16:40)
    「ゆるやかな坂道歩行で“糖尿病リスク低下”」(藤原武男)
  27. 朝日新聞で紹介されました(2017.4.5)
    「一人でも元気に 自立の暮らし 食事のとり方に注意」(辻大士)
  28. 朝日新聞デジタルで紹介されました(2017.4.5
    「高齢者が元気に一人暮らしをするには」(谷友香子,辻大士)
  29. 日本テレビ「深層NEWS」で紹介されました(2017.3.31)
    「同居なのに孤食の高齢男性死亡リスクは1.5倍に!」(谷友香子)
  30. THE JAPAN TIMESで紹介されました
    「Elderly men who dine alone have higher mortality rate」 3面(2017.3.30)(谷友香子)
    Web刊「Elderly men who dine alone die sooner, study says」(2017.3.29)(谷友香子)
  31. どさんこワイド179 STVNEWSコーナーで紹介されまし(2017.3.29)
    「言わせて!高齢男性の孤食…死亡リスク1.5倍」(谷友香子)
  32. テレビ朝日「グッド!モーニング」で紹介されました(2017.3.28)
    「同居で孤食男性死亡リスク高」(谷友香子)
  33. 日本経済新聞朝刊で紹介されました(2017.3.28)
    「家族と同居だけど孤食…高齢男性、死亡リスク1.5倍」42面, (谷友香子)
    Web刊「家族同居でも孤食なら…死亡リスク5割高 高齢男性」(2017.3.27)(谷友香子)
  34. 日本テレビ「news every.」で紹介されました(2017.3.27)
    「高齢者男性の"一人ご飯”「死亡リスク」がアップ」(谷友香子)
  35. NHKスペシャル(初回放送2017年3月26日(日) 午後9時00分~9時49分)
    私たちのこれから #認知症社会 ~誰もが安心して暮らすために~ に出演しました(近藤克則)
  36. 医学書院『週刊医学界新聞』にKawachi教授との対談が載りました(2017.3.6)
    【対談】社会疫学が解明する「健康格差」とその対策 ソーシャル・キャピタルが健康を守る(Ichiro・Kawachi,近藤克則)
  37. 河北新報(宮城県の新聞)で紹介されました(2017.3.1)
    被災高齢者 歯減少のリスク増 口の衛生環境悪化(松山祐輔)
  38. 毎日新聞WEB版,毎日新聞朝刊3面で紹介されました(2017.2.26,27)
    東日本大震災 自宅全壊で自立度悪化 高齢者生活調査(坪谷透)
    自宅全壊で自立度悪化 震災後高齢者生活調査 仮設での支援機能低下招く?(坪谷透)
  39. 毎日新聞夕刊紙面,毎日新聞WEB版で紹介されました(2017.2.17)
    要介護リスク10の質問で…千葉大など7万人調査で確認(辻大士)
    要介護リスク10の質問15分続けて歩ける?預貯金出し入れは?千葉大など、7万人で検証(辻大士)
  40. 法学館憲法研究所のウェブサイト「今週の一言」で紹介されました(2017.2.13)
    健康格差社会への処方箋(近藤克則)
  41. 名古屋リビング新聞社で紹介されました(2017.2.11号)
    「明日の健康は今の自分の体を知るところから」(近藤克則)
  42. 日テレNEWS24で紹介されました(2017.1.10)
    「歯がない人」抑うつリスク1.28倍に(山本龍生)
  43. 文化放送(ラジオ)ハートリング健康Radio ~認知症と手をつなごう~ で紹介されました
    (2017.1/1・8・15)17:40~17:50
    JAGESプロジェクトでの研究成果:歯数・義歯使用でその後の認知症・転倒との関係(山本龍生)
 

その他

  1. 千葉大学予防医学センターの10周年記念シンポジウムを開催しました
    開催日時:2017年9月8日(金) 14:00~17:00
    会場:千葉大学 薬学部創立120周年記念講堂(千葉市中央区亥鼻1-8-1)
  2. JAGESとWHOとの共同研究がはじまりました
    WHO神戸センターと国立長寿医療研究センターは、1年間の共同研究「日本におけるユニバーサルヘルスカバレッジ(UHC)と健康な高齢化を推進するための評価、研究、知見の活用に関する研究」を開始する運びとなりました
    英語(http://www.who.int/kobe_centre/mediacentre/jages/en/
    日本語(http://www.who.int/kobe_centre/mediacentre/jages/ja/
  3. 近藤尚己准教授(東京大学)を中心とする研究班が作成した「介護予防のための地域診断データの活用と組織連携ガイドポケット版」ができました! (https://www.jages.net/renkei/chiikirenkei/)からダウンロード可能です
  4. 保険者共同研究会を開催しました
    ・第一回保険者共同研究会が6月20日(名古屋開催参加:13保険者27名)と6月27日(東京開催参加:18保険者35名)にJAGES2016参加保険者を対象に開催されました。厚生労働省の政策動向、JAGES2016調査報告、調査データを用いた地域診断支援システムの紹介及び分析結果を報告し、各セッションでグループワークを行いました
    ・第二回保険者共同研究会が7月25日(東京開催参加:19保険者37名)と7月28日(名古屋開催参加:15保険者29名)に開催されました。地域診断から見えた課題の共有、介護予防のための地域診断データの活用と組織連携ガイドの活用、地域づくり型介護予防の実践例の紹介報告をし、各セッションでグループワークを行いました
  5. 武豊町憩いのサロンを開設して10周年を記念して、「憩いのサロン10周年ゆめフェスタ」開催
    日時:平成29年6月30日(金) 13:30~15:30(12:45開場)
    場所:武豊町中央公民館 講堂
    テーマ:『これまでの10年、これからの10年』
    内容:◇記念講演 (千葉大学 近藤克則教授、星城大学 竹田徳則教授)
  6. 『介護予防連携ガイド』完成のお知らせ
    このたびは、厚生労働省・AMED委託事業「データに基づき地域づくりによる介護予防対策を推進するための研究」に各方面からご協力いただきまして、まことにありがとうございました。
    成果物の一部である『介護予防活動のための地域診断データの活用と組織連携ガイド:地域包括ケアの推進に向けて』が完成し、そのPDF版を本日、JAGESウェッブサイトに掲載いたしました。
    下記より、ご自由にダウンロードいただき、広くご活用いただけますと幸いです。
    https://www.jages.net/renkei/chiikirenkei/
    この「ガイド」は、研究班が3年間蓄積してきた経験やノウハウをまとめた一冊です。地域包括ケアにかかわる自治体の実務担当のみなさまにお配りいただければと思います。
    あらためまして、このたびのみなさま方の並々ならぬご協力に心より感謝申し上げます。
    これからもどうぞよろしくお願いいたします。
    2017年3月
    東京大学医学系研究科健康教育・社会学分野 近藤尚己
    パンフレット2種類できました。(研究者・行政向け,一般の方向け)希望される方は事務局までお知らせ下さい。
  7. 2017年2月14日(火)松戸市民会館にて都市型介護予防モデル「松戸プロジェクト」の説明会を開催しました。いつまでも元気に暮らせるまち「松戸」を目指して、千葉大学予防医学センターと松戸市の介護予防の効果・検証に係る共同研究「松戸プロジェクト」の概要等を説明しました。
    一般向け説明会 : 2017年2月14日(火) 13時30分 ~ 15時30分 (12時30分開場)
    企業・事業者向け説明会 : 2017年2月14日(火)17時 ~ 19時10分 (16時30分開場)