論文等・英文

  1. Shihoko K, Jun A, Ichiro K, Kondo N, S V Subramanian, Ito K, Kobashi G, Masuno K, Kondo K, Osaka K :Social Support Improves Mental Health among the Victims Relocated to Temporary Housing following the Great East Japan Earthquake and Tsunami. The Tohoku Journal of Experimental Medicine 2014;234(3):241-7.
  2. Saito M, Kondo K, Kondo N, Abe A, Ojima T, et al: Relative Deprivation, Poverty, and Subjective Health: JAGES Cross-Sectional Study. PLoS ONE 2014 Oct 28;9(10):e111169. doi: 10.1371/journal.pone.0111169. eCollection 2014.
  3. Yamamoto T, Kondo K, Aida J, Fuchida S, Hirata Y, for the JAGES group:Association between the longest job and oral health: Japan Gerontological Evaluation Study project cross-sectional study. BMC Oral Health  2014 Oct 27;14:130. doi: 10.1186/1472-6831-14-130.
  4. Matsuyama Y, Aida J, Takeuchi K, Tsakos G, Watt RG, Kondo K, and Osaka K: Inequalities of dental prosthesis use under universal healthcare insurance. Community Dent Oral Epidemiol  2014 Apr;42(2):122-8. doi: 10.1111/cdoe.12074. Epub 2013 Sep 18.
  5. Hayashi T, Kondo K, Suzuki K, Yamada M ,Matsumoto D :Factors Associated with Falls in Community-Dwelling Older People with Focus on Participation in Sport Organizations: The Japan Gerontological Evaluation Study Project," BioMed Research International   2014;2014:537614. doi: 10.1155/2014/537614. Epub 2014 May 13.
  6. Kanamori S, Kai Y, Aida J, Kondo K, Kawachi I, Hirai H, Shirai K, Ishikawa Y, Suzuki K, the JAGES group : Social participation and the prevention of functional disability in older Japanese: the JAGES Cohort Study. PLOS ONE  2014 Jun 12;9(6):e99638. doi: 10.1371/journal.pone.0099638. eCollection 2014.
  7. Yamamoto T, Kondo K, Aida J, Suzuki K, Misawa J, Nakade M, Fuchida S, Hirata Y : Social determinants of denture/bridge use: Japan gerontological evaluation study project cross-sectional study in older Japanese. BMC Oral Health  2014 Jun 3;14:63. doi: 10.1186/1472-6831-14-63.
  8. Fujiwara T, Kondo K, Shirai K, Suzuki K, Kawachi I : Associations of childhood socioeconomic status and adulthood height with functional limitations among Japanese older people: Results from the JAGES 2010 Project.J Gerontol A Biol Sci Med Sci. 2014 Jul;69(7):852-9. doi: 10.1093/gerona/glt189. Epub 2013 Nov 27.
 

論文等・和文

  1. 竹田徳則, 近藤克則, 鈴木佳代:地域在住高齢者におけるうつの程度別による趣味活動の特徴 : うつ予防・支援の手がかりとして Characteristics of hobbies of community-dwelling elderly by degree of depression : Clues for depression prevention and support.作業療法33(4):337-346:2014
  2. 近藤克則:【特別寄稿】 健康の社会的決定要因と医療経済・政策学.医療経済研究.26(2):81-99, 2014(査読無)
  3. 斉藤雅茂,近藤克則,尾島俊之,平井寛:健康指標との関連からみた高齢者の孤立基準の検討;10年間コホート研究より.日本公衆衛生雑誌.2014.
  4. 宮國康弘,近藤克則:日本の高齢者14万人調査から見えてきた健康格差 (特集 健康格差社会を考える). 保団連2014;1174:4-10
  5. 引地博之,近藤克則,相田潤,近藤尚己:集団災害医療における「人とのつながり」の効果 : 東日本大震災後の被災者支援に携わった保健師を対象としたグループインタビューから Social capital in disaster medicine : Group interviews with public health nurses working in areas stricken by the Tohoku earthquake.日本集団災害医学会誌,(査読有)
  6. 斉藤雅茂,近藤克則,近藤尚己,尾島俊之,鈴木佳代,阿部彩:高齢者における相対的剥奪の割合と特性;JAGES横断調査より.季刊社会保障研究50(3):309-323, 2014.
  7. 和田有理,村田千代栄,平井寛,近藤尚己,近藤克則,植田一博,市田行信:AGESプロジェクトのデータを用いたGDS5の予測的妥当性に関する検討 : 要介護認定,死亡,健康寿命の喪失のリスク評価を通して. 厚生の指標 61 (11): 7-12,2014(査読有) 
  8. 芦原ひとみ,鄭丞媛,近藤克則,鈴木佳代,福島慎太郎:自殺率と高齢者におけるソーシャル・キャピタル関連指標との関連 : JAGESデータを用いた地域相関分析 The relationship between suicide rate and social capital in older people : Ecological study using JAGES data:自殺予防と危機介入 34(1)31-40,2014
  9. 近藤克則:社会・人口構造の変化に対応する長寿科学の課題.長寿科学振興財団(編):在宅の高齢者を支える-医療・介護・看取り-長寿科学振興財団, 33-40,2014.
  10. 花里真道,近藤克則:「健康なまちづくり」とマネジメント・ツール : 国内外の動向とJAGES HEART (特集 高齢者福祉と地域社会).都市政策,157 .13-24, 2014
  11. 「特集:健康格差とソーシャル・キャピタルの『見える化』」 医療と社会24 No.1. 2014.
    11-1.近藤克則【特集論文】:健康格差と健康の社会的決定要因の『見える化』―JAGES 2010-11プロジェクト.5-20(査読無)
    11-2.尾島俊之【特集論文】:Urban HEARTの枠組みを活用した介護予防ベンチマーク指標の開発.35-45
    11-3.近藤尚己【特集論文】:地域診断のための健康格差指標の検討とその活用.47-55
    11-4.相田潤,近藤克則【特集論文】:ソーシャル・キャピタルと健康格差.57-74.
    11-5.鈴木佳代,近藤克則【特集論文】:見える化システム JAGES HEARTと用いた介護予防における保険者支援.75-85.
  12. 林尊弘,近藤克則,山田実,松本大輔:転倒者が少ない地域はあるか : 地域間格差と関連要因の検討 : JAGESプロジェクト.厚生の指標61(7):1-7,2014
  13. 伊藤大介,近藤克則,伊藤美智予:介護者の認知症者に対する接し方の変化に関する研究 : ケアマネジメントのプロセスとの関連 Study on Changes in Caregiver Treatment of Persons with Dementia : Association with the Care Management Process.社会福祉学54(3),2014
  14. 近藤克則:超高齢社会における地域包括ケアシステムとリハビリテーション科医の役割-臨床から地域・エビデンスづくりまで-.The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 51(2):120-124,2014.
  15. 鄭丞媛,近藤克則:地域包括ケアシステム構築の背景と展望.Journal of Clinical Rehabilitation 23(1):12-17,2014.
  16. 岡田栄作,近藤克則:社会疫学から見るストレッサーとストレス反応;Surgery Frontier.20(4)47,51,2014. (査読無)
 

書籍等

  1. 稲葉陽二・近藤克則 他(共著):『ソーシャル・キャピタル「きずな」の科学とは何か 
    稲葉 陽二 (著), 金光 淳 (著), 近藤 克則 (著), 山内 直人 (著), 辻中 豊 (著), 大守 隆 (著) 頁246,ISBN-10: 4623070263, ISBN-13: 978-4623070268,( ミネルヴァ書房 2014.6.10)

 

シンポジウム

  1. 公衆衛生学会シンポジウム(2014.11.5~7)
    1-1.近藤尚己【座長】:健康影響予測評価(health impact assessment)と地域保健:理論と実践
    1-2.近藤克則【演者】:包括的健康評価体系(NHI)設計とのその公衆衛生学活動実装に向けての試み「高齢者における健康関連指標ベンチマークシステム実装の試み-JAGESプロジェクト」 
    1-3.近藤克則【演者】:多角的視点から見た自殺対策の今後の課題「コミュニティ・アプローチによる自殺対策の可能性:JAGESプロジェクトの知見から」
    1-4.近藤尚己【演者】地域保健実施におけるソーシャル・キャピタルを活用した戦略と戦術「視覚化した健康格差情報に基づく地域づくり」
  2. WMH Japanese results Symposium1-2014 Meeting (奈良市)(2014.10.16-18) 
    Katsunori Kondo:Japanese psychiatric epidemiology.
  3. 第12回日本予防医学会学術総会 日本科学未来館7F未来館ホール(2014.06.28)
    記念学術集会特別企画 「社会的マクロ環境と介護予防」  
  4. ニュージーランド・オークランドにて6名のJAGES研究者がJAGES研究成果の報告を行いました(2014.6.3-4)
    Katsunori Kondo:Visualization of Health Inequalities and Social Determinants of Health in Japan-JAGES Project.
    ISSC (6th Annual Meeting,International Society for Social Capital Research)
    4-1.Jun Aida,Hiroyuki Hikichi,Katsunori Kondo,Ichiro Kawachi:Preliminary analysis of Iwanuma-Project in JAGES:Change of social capital before-and after-the Great East Japan Earthquake and the tsunami and depression.(K Kondo pressented on behalf of Jun Aida,Tohoku University) 
    4-2.Naoki Kondo:Building social capital through local public health governance:case studies in Japanese urban and rural municipalities.
    4-3.Kokoro Shirai:Exploring Possible Mechanisms of  social capital and heaith:social capital and health behavior.
    4-4.Hiroyuki Hikichi,Naoki Kondo,Jun Aida,Kathunori Kondo,Ichiro Kawachi:Does participation in community health salons prevent incidence of functional disability? Results of a  5-year-long intervention study by JAGES Project in Taketoyo,Japan.
    4-5.Yugo Shobugawa:Effect of Urbanization on elderly health behavior.Built environment and health using image survey in Niigata City.
    4-6.Yukinobu Ichida:A panel data analysis using JAGES data.
 

セミナー

  1. 第12回日本予防医学会学術総会 日本科学未来館7F未来館ホール(2014.06.29)
    記念学術集会特別企画”3次予防におけるトランスレーショナル研究
    ~介護保険における市町村参加型研究の到達点と課題~
    ■石橋智昭(ダイヤ高齢社会研究財団):「市町村との共同によるコホート研究」
    ■近藤克則(千葉大学):「環境改善型の介護予防研究」
    ■田宮奈菜子(筑波大学):「介護保険レセプトを用いたヘルスサービスリサーチ」
 

講演

  1. 平成26年度日本看護協会 全国保健師交流集会 名古屋マリオットアソシアホテル(2014.6.12)
    近藤克則:【講師】「広がる格差にどう向かうか~いま期待される公衆衛生看護の力~」
    Social participation and contribution of older people in Japan.12th ASEAN&JAPAN High Level Officials Meeting on CaringSocieties,October 21- 23,2014,Shinagawa Prince Hotel Tokyo(Minato-ku,tokyo)
  2. 地方行財政調査会 広島市役所研修会(2014.11.28)
    近藤克則:【講師】「ささえあい たすけあい まじりあいのまちづくりの先に見えるもの」
  3. 千葉大学第2内科講演会(2014.12.3)
    近藤克則:「老年学的予防アプローチ」の可能性-JAGESプロジェクトの知見から」
  4. 財務省財務総合政策研究会(2014.12.5)
    近藤克則:「持続可能な介護に関する研究会」特別講演「地域格差要因と介護予防の視点から保健・医療・介護ビッグデータの構築,活用の可能性と課題」
  5. 一般財団法人ヘルスケアイノベーションプロジェクト ICT医療ビックデータ講演会 (2014.12.11)
    近藤克則:「保健・医療・介護ビックデータ時代のICT活用の可能性と課題-JAGESの経験を踏まえて-」

 

学会発表

  1. 第8回行動経済学会 慶應義塾大学三田キャンパス 2014.12.07 
    芦田登代:「東日本大震災被災地における個人の選好と健康:Convex Time Budget(CTB)法による分析」
  2. 第87回日本社会学会年次大会報告 神戸大学文理農学部キャンパス 2014.11.23 
    鈴木佳代:「高齢者女性のライフコースにおける就労と地域集団参加」 憩いのサロン参加による要介護リスクの抑制:愛知県武豊町における5年間の介入研究
  3. 第73回公衆衛生学会 宇都宮市2014.11.05~07
    ■引地博之(優秀演題賞選考会選出演題):憩いのサロン参加による要介護リスクの抑制:愛知県武豊町における5年間の介入研究
    ■菖蒲川由郷 :特定保健指導の利用率と地域のソーシャルキャピタル指標との関連
    ■芦田登代 :組織への参加が要介護に与える影響 社会経済状況の差異による検討(J)AGESプロジェクト
    ■谷友香子 :高齢者の孤食と食事摂取頻度およびBody Mass Indexとの関連:JAGESプロジェクト
    ■宮國康弘 :行政区単位別の要介護リスクと社会参加の関連の違い:JAGESプロジェクト
    ■竹田徳則 :長期コホートによる「認知症を伴う要介護認定発生」のリスク因子-AGESコホート
    ■尾島俊之 :介護予防のための公営の住まいに関する研究:JAGESプロジェクト
    ■佐々木由理 :高齢者のうつ傾向に関する地域相関分析
    ■長嶺由衣子 :高齢者の歩行時間と転倒に関する検討―JAGES 2010-2013の比較より―
    ■岡田栄作 :日常生活圏域ニーズ調査を用いた地域診断書の開発に関する研究:JAGESプロジェクト
    ■斉藤雅茂 :見守りボランティア活動とサロン活動の展開による地域単位での介護予防効果の可能性
  4. The 67th Annual Scientific Meeting, Gerontological Society of America. Nov. 7, 2014 Washington DC, USA.
    Saito-Kokusho T, Murata C, Aida J, JeongS, and Kondo K. Effects of Marriage on the Onset of Disability in Older Men and Women: A Seven-Year Follow-up.
  5. WPA Section on Epidemiology and Public Health - 2014 Meeting.2014.10.16-18(奈良市)
    Toshiyuki Ojima, Masayo Kojima, Toru Tsuboya, Naoki Kondo, Eisaku Okada.,  Mieko Nakamura, Masashige Saito, Jyun Aida,  Katsunori Kondo, Dr. group JAGES:Prevalence and health outcomes of inappropriate drinking among older Japanese.ベストポスター賞受賞 
  6. 2014 Meeting of WPA Section on Epidemiology and Public Health.2014.10.18(奈良市)
    H.Hikichi,J.aida,K.kondo,I.kawachi&JAGES Group:Does social capital help prevent post-disaster psychiatric disorders after a natural disaster? Results of a JAGES project longitudinal study in Iwanuma city before and after the Tohoku earthquake. 
  7. A Multilevel Analysis."EAPS HEALTH" Morbidity and Mortality Workshop in London 2014.09.15~17
    Masataka Nakagawa,Kayo Suzuki,Katsunori Kondo:"Socioeconomic Inequality Neighbourhood Cohesion,and Health Status among the Urban Elderly in Japan.
  8. 第20回国際疫学会(米国アラスカ州)2014.08.17~21
    ■H.Hikichi,K.Kondo,K.Suzuki&E.Okada:Does participation in community health salons help shrink health disparity? Results of a  5-year-long intervention study by JAGES Project in Taketoyo town Japan.
    ■Matsuyama Y, Aida J, Hase A, Sato Y, Tsuboya T, Ito K, Koyama S, and Osaka K. Social relationships and mental health among the victims of The Great East Japan Earthquake; A multilevel longitudinal study.Student Award受賞
    ■ITO K, AIDA J, CABLE N, YAMAMOTO T, SUZUKI K, KONDO K,and OSAKA K. International Comparative Research of Oral Health Inequality between Japan and England. Student Award受賞
  9. 第50回日本循環器病予防学会学術集会(京都市) 2014.07.20~21
    (日本循環器病予防学術誌2014;49(2):169) 
    尾島俊之,竹田徳則,平井寛,田淵貴大,小嶋雅代,斉藤雅茂,近藤尚己,相田潤,仲村秀子,岡田栄作,中村美詠子,近藤克則,JAGESグループ:『喫煙による認知症のリスク』 JAGESプロジェクト
  10. 第60回東海公衆衛生学会学術大会(名古屋市)2014.07.19
    (東海公衆衛生雑誌 2(1):64,2014)
    尾島俊之,林尊弘,岡田栄作,中村美詠子,小嶋雅代,伊藤美智予,斉藤雅茂,近藤克則,JAGESグループ:『地域資源を活用した健康づくりと転倒リスク』
  11. 第55回日本社会医学会総会(名古屋市)2014.07.12~13
    (社会医学研究:第55回日本社会医学会総会講演集98-99.2014)
    岡田栄作,近藤克則,尾島俊之,宮國康弘,仲村廣隆,JAGESグループ:『日常生活圏域ニーズ調査データを活用した地域診断指標36指標の開発』 JAGESプロジェクト
  12. 第55回日本社会医学会総会(名古屋市)2014.07.12~13
    (社会医学研究:第55回日本社会医学会総会講演集83-84.2014)
    細川陸也,伊藤美智予,近藤克則,宮國康弘,尾島俊之,後藤文枝,阿部吉晋,越千明:『健康交流の家』開設による健康増進効果の検証
 

受賞

  1. WPA Section on Epidemiology and Public Health - 2014 Meeting.2014.10.16-18(奈良市)ベストポスター賞受賞
    Toshiyuki Ojima, Masayo Kojima, Toru Tsuboya, Naoki Kondo, Eisaku Okada,Mieko Nakamura, Masashige Saito, Jyun Aida, Katsunori Kondo, Dr. group JAGES:Prevalence and healthoutcomes of inappropriate drinking among older Japanese.
  2. 第20回国際疫学会(米国アラスカ州)2014.08.17~21 Student Award受賞
    2-1.Matsuyama Y, Aida J, Hase A, Sato Y, Tsuboya T, Ito K, Koyama S, and Osaka K. Social relationships and mental health among the victims of The Great East Japan Earthquake; A multilevel longitudinal study.
    2-2.Ito K, Aida J, CABLE N, Yamamoto T, Suzuki K, Kondo K,and Osaka K:International Comparative Research of Oral Health Inequality between Japan and England.
  3. 第 24 回日本疫学会学術総会でポスター賞受賞 2014年
    伊藤奏,相田潤,Noriko Cable,山本龍生,鈴木佳代,小坂健,近藤克則 : 口腔の健康格差の日英比較
 

メディア掲載・放送

  1. 相田潤:NHK NEWS WEBでJAGESの研究成果 「歯と要介護リスク」についての論文が取り上げられました.2014.06
  2. 近藤克則:中日新聞・東京新聞の社説に近藤先生のコメントが掲載されました。社説「健診の基準 緩んでも安堵は禁物」2014.05.02付
  3. 近藤克則:平成26年度全国保健師交流集会(名古屋市) 週刊保健衛生ニュース 『健康格差に向き合う-期待される公衆衛生看護の力』に特別講演が紹介されました.2014.06
  4. 近藤克則:保健師ジャーナルVol.70 No.6 『特集 統括保健師はなぜ必要か 市町村での役割を中心に』にてコメントが掲載されました.2014.06
  5. 近藤克則:健康日本21 社会環境の整備編第3回「地域のつながり(ソーシャルキャピタル)の強化」:健康づくり6月号, 2014.6
  6. 近藤克則(2014):健康格差の縮小に向けた取り組み 月刊健康づくり, 2014年5月号・6月号 pp.11 公益財団法人健康・体力づくり事業財団
  7. 近藤克則,小塩隆士,尾島俊之,近藤尚己,三澤仁平,村上慎司,橋本英樹:健康の社会的決定要因に関する国内外の調査研究動向-ソーシャル・キャピタル編ー医療科学研究所,2014.
  8. 近藤克則,祖父江 逸郎:「対談:生き生きとした心豊かな長寿社会の構築をめざして」2014年 夏号 No.70 pp.6-11 公益財団法人長寿科学振興財団
  9. 近藤克則,杉澤秀博:(対談)健康と社会.家計経済研究101:2-12,2014.1
  10. 中板育美, 近藤克則, 山本昌江, 松田正己:(新春座談会)健康格差縮小に挑む。地域保健45(1):10-35、2014.1
  11. 近藤克則:(基調講演)健康の社会的決定要因を考える~健康格差と社会環境の「見える化」~。健康管理61(1):4-27、2014.1
  12. 鈴木佳代,近藤克則:「マルチレベル分析が可能な大規模調査の必要性と実施ノウハウ-JAGES(日本老年学的評価研究)2013調査-」『新情報』Vol.102.