論文等・英文

  1. Kanamori S, Kai Y, Kondo K, Hirai H, Ichida Y, Suzuki K, Kawachi I : Participation in sports organizations and the prevention of functional disability in older Japanese: the AGES Cohort Study, PLOS ONE  2012;7(11):e51061. doi: 10.1371/journal.pone.0051061. Epub 2012 Nov 30.
  2. Hirai H, Kondo K, Kawachi I : Social Determinants of Active Aging: Differences in Mortality and the Loss of Healthy Life between Different Income Levels among Older Japanese in the AGES Cohort Study. Current Gerontology and Geriatrics Research  2012;2012:701583. doi: 10.1155/2012/701583. Epub 2012 Sep 18.
  3. Yamamoto T, Kondo K, Misawa J, Hirai H, Nakade M, Aida J, Kondo N, Kawachi I, Hirata Y:Dental status and incident falls among older Japanese: a prospective cohort study. BMJ Open  2012 Jul 31;2(4). pii: e001262. doi: 10.1136/bmjopen-2012-001262. Print 2012.
  4. Saito M, Kondo N, Kondo K, Ojima T, Hirai H : Gender differences on the impacts of social exclusion on mortality among older Japanese: AGES cohort study. Social Science & Medicine  2012 Sep;75(5):940-5. doi: 10.1016/j.socscimed.2012.04.006. Epub 2012 May 14.
  5. Yamamoto T, Kondo K, Hirai H, Nakade M, Aida J, Hirata Y : Association Between Self-Reported Dental Health Status and Onset of Dementia: Aichi Gerontological Evaluation Study Project 4-Year Prospective Cohort Study of Older Japanese Adults. Psychosom Med 2012 Apr;74(3):241-8. doi: 10.1097/PSY.0b013e318246dffb. Epub 2012 Mar 9.
  6. Hanibuchi T, Murata Y, Ichida Y, Hirai H, Kawachi I and Kondo K: Place-specific constructs of social capital and their possible associations to health: A Japanese case study. Social Science & Medicine  2012 Jul;75(1):225-32. doi: 10.1016/j.socscimed.2012.03.017. Epub 2012 Apr 10.
  7. Hanibuchi T, Kondo K, Nakaya T, Shirai K, Hirai H, Kawachi I: Does walkable mean sociable? Neighborhood determinants of social capital among older adults in Japan. Health & Place 2012 Mar;18(2):229-39. doi: 10.1016/j.healthplace.2011.09.015. Epub 2011 Oct 4.
  8. Nishi A, Kawachi I, Shirai K, Hirai H, Seungwon Jeong, Kondo K : Sex/gender and socioeconomic differences in the predictive ability of self-rated health for mortality. PLoS ONE  2012;7(1):e30179. doi: 10.1371/journal.pone.0030179. Epub 2012 Jan 19.
  9. Aida J, Kondo K, Hirai H, Nakade M, Yamamoto T, Hanibuchi T, Osaka K, Aubrey Sheiham, Georgios Tsakos, and Richard G. Watt : Association Between Dental Status and Incident Disability in an Older Japanese Population. Journal of the American Geriatrics Society  2012 Feb;60(2):338-43. doi: 10.1111/j.1532-5415.2011.03791.x. Epub 2011 Dec 28.
 

論文等・和文

  1. 近藤克則:高齢者の疫学研究と自治体の予防活動.週刊保健衛生ニュース(社会保険実務研究所)第1683号:35-36,2012
  2. 山本龍生,近藤克則,渕田慎也,相田潤,中出美代,平田幸夫:質問紙調査による口腔関連指標の妥当性:愛知老年学的評価研究 (AGES)プロジェクト: 4-12, 長寿社会と口腔保健, 2012.
  3. 芦田登代,近藤克則,平井寛,白井こころ,近藤尚己,三澤仁平,尾島俊之:高齢者の健診受診と「将来の楽しみ」,うつ,社会経済的要因との関連 : AGESプロジェクト,厚生の指標59(12):12-21,2012
  4. 近藤克則:国際シンポジウム「介護予防・健康政策マネジメントの新潮流―社会環境や格差への着目」:日本医療・病院管理学会誌49(4):51-53,2012
  5. 近藤克則監訳:HPH国際HPHネットワーク ヘルスプロモーションの病院・ヘルスサービスへの統合.社団法人福岡医療団 千鳥橋病院,2012
  6. 近藤克則:健康格差問題と社会政策(<特集>健康のための社会政策) Health Inequalities and Social Policy.社会政策4(2):41-52,2012
  7. 伊藤美智予,近藤克則:ケアの質評価の到達点と課題-特別養護老人ホームにおける評価を中心に-.季刊社会保障研究48(2):120-132,2012.
  8. 長澤紀美子:ケアの質評価指標の開発と課題-国際的な動向とイギリスにおけるアウトカム指標を中心に-.季刊 社会保障研究48(2):133-151,2012.
  9. 鄭丞媛,井上祐介:質に基づく支払い(Pay for performance:P4P)の動向と今後のあり方.季刊 社会保障研究48(2):186-196,2012.
  10. 伊藤大介:特集 できれば最期まで在宅で生活を!在宅ケアの先進的取り組み-通所介護-.長寿科学振興財団機関誌Aging & Health 21(2),2012
  11. 山本龍生:(連載)8020 運動の新たな展開を目指して 歯の健康と認知症.社会保険旬報(2503):26-27,2012
  12. 山田実,松本大輔,林尊弘,中川雅貴,鈴木佳代,近藤克則:転倒の少ない市町はあるか:AGES プロジェクト.厚生の指標59(8):1-7,2012
  13. 近藤尚己,近藤克則:「健康格差の是正」にどう取り組むか (特集 健康増進計画の評価と「その次」 : 次期計画に向けて何を重視すべきか).保健師ジャーナル68(6):468-473.2012
  14. 近藤克則:第27回日本ストレス学会学術総会 特別講演 格差社会における健康とストレス : 社会疫学の視点から Health and Stress in a Society with Disparities : From a Social Epidemiology Perspective.ストレス科学 日本ストレス学会誌26(4), 309-322, 2012-04-30 (査読無)
  15. 平井寛:地域の潜在力を引き出す試み-愛知県武豊町「憩いのサロン」の取り組み.Aging & Health21(1).2012
  16. 近藤克則,芦田登代,平井寛,三澤仁平,鈴木佳代:高齢者における所得・教育年数別の死亡・ 要介護認定率とその性差-AGES プロジェクト縦断研究-. 医療と社会22(1):19-30,2012.
  17. 近藤尚己,近藤克則,横道洋司,山縣然太朗:高齢者における所得の相対的剥奪と死亡リスク-AGES 追跡研究-. 医療と社会22(1):91-101,2012.
  18. 近藤克則:リハビリテーション患者データベースの二次分析-プロセス,可能性と限界-.The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine49(3):142-148,2012.
  19. 稲葉陽二:社会関係資本とは何か,なぜ社会関係資本なのか (特集 社会関係資本と図書館・情報サービス : 地域・社会とのつながり力) Definition of social capital and its impact on equality.現代の図書館5(2):5-11,2012(査読無)
  20. 稲葉陽二:暮らしの安心を支える人の絆 : ソーシャル・キャピタルの今 (特集 地域を支える絆).月刊自治研54 no.631:19-26,2012(査読無)
 

書籍等

  1. 近藤克則:単著:「医療クライシスを超えて-イギリスと日本の医療・介護のゆくえ」 総頁315,医学書院,2012
  2. 近藤克則:単著:「医療・福祉マネジメント-福祉社会開発に向けて(改訂版)」,総頁228,ミネルヴァ書房,2012
 

シンポジウム

  1. 第48回医日本リハビリテーション医学会学術集会シンポジウム
    近藤克則:データ・マネジメント・システムの概要と課題 シンポジウム「データベースマネジメント」The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine49(2):73-78,2012

 

学会発表

  1. 第71回日本公衆衛生学会総会(山口市)山口市民会館他(2012.10.24-26)
    三澤仁平,近藤克則,鈴木佳代,近藤尚己:「高齢者における所得格差とうつとの関連-JAGESプロジェクトによるエコロジカル研究」 
  2. 第22回日本疫学会学術総会(東京都)学術総合センター・一橋記念講堂(2012.1.26-28)
    三澤仁平,近藤克則,竹田徳則,尾島俊之,近藤尚己,市田行信,小橋元,山本龍生,相田潤,平井寛:「要介護リスク得点開発の試み:AGESコホート」

 

受賞

  1. 第22回日本疫学会学術総会でポスター賞受賞 2012年
    斉藤雅茂,近藤克則,尾島俊之,近藤尚己,市田行信,三澤仁平,平井寛 : まちづくりは高齢者の閉じこもりに効果があるのか ; J-AGES プロジェクト
  2. 日本福祉大学医療福祉マネジメント研究科の優秀論文受賞 2012年
    斉藤雅茂,近藤克則,尾島俊之,近藤尚己,市田行信,三澤仁平,平井寛 : まちづくりは高齢者の閉じこもりに効果があるのか ; J-AGES プロジェクト
  3. 平成24年度日本老年社会科学会奨励賞受賞 2012年
    斉藤雅茂:日本老年社会科学会では,2007年6月21日に開催されました総会において,「日本老年社会科学会奨励賞」の創設が承認されました。本賞は,老年社会学の分野における研究または実践活動において,価値ある業績を挙げている会員に対し授与されるものとなります